不倫されても夫の言葉を欲しがる自分に呆れて嫌になっているか

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には夫の事を
どういう気持ちで接するべきかという思いが強くあります

よくカウンセリングで

『今日夫には何を言えばいいでしょうか』
『もう夫と話すと苦しくて仕方がないです、どうすればいいでしょうか』
『夫を見ていると知っているんだからと言いたくなります、言ってもいいですか』

という感覚の自分を訴えます
その答えには

’言葉捜しの自分をやめるという事です

とにかく夫との時間には言葉が必要と思っています
それはある種の強迫観念でもあります
しかし、よく考えてみれば今までの夫婦でも話したい時に話して、話たくない時に
黙っているはずです

それを急に夫の不倫がわかったからといって、とにかく何か話さなければいけない

という心理になるのは非常に危険なのです

なぜなら言葉を欲するあまり、夫の強い言葉や態度に右往左往、一喜一憂するから
です

『お前とは話す事はない、もう時間のムダだ』
『お前はお前の人生を進めばいいだろう』
『早く別居しよう、もうそれしかない』

という言葉を聞いて希望が持てるはずがないのです
その中で自分を楽にしてくれる言葉を夫に求めて、夫の罵声を受けてさらに落ち込む
という悪循環です
それでもまだ言葉を求めている自分に呆れるとか、嫌になる感覚がなければおかしい
のです

こういう時に必要なのは、言葉を求める弱い自分から観察する強い自分への転換です
そもそも言葉で夫婦の関係を維持する、確認するという事自体をやめるのです
好きになって交際して結婚しているわけで、その後に言葉を求めているおかしな自分
に気付くのです

相談者にとっては、夫の言葉を絶対必要条件にしている人生から、自分が考えている
事を表明して、それに夫がどう反応するかは関係ないという人生にするのです

『夫とは話をしなくていいと思うと楽になりました』
『黙っていたら向こうから話しかけてきました、不思議ですね』
『あれだけ何か言ってほしいと思っていた自分はただ弱かっただけですね』

と、言葉を欲しない強さを持っている自分に自信を持つのです
そこに夫婦はうわべや軽々しい言葉のやり取りで続けても意味がない、感覚でわかる
くらいになって夫婦の意味を知るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA