不倫ブス女と夫は女が親分の主従関係と知るのがカウンセリング

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、カウンセリングの
セッションでは殆どの場合は妻である女性が申込まれるのですが、それを相談者に
お話すると

『男の人はこういう場は恥ずかしいでしょうし』
『やはり男性は相談とか苦手ですよね』

と男の特性を表現します
つまり、カウンセリングに来るのは女性が多いという事を相談者自身もわかって
いるわけです
現実、男性が相談に来るケースというのは、自分が不倫をしているというよりも
妻に不審な点があるという場合です
そこに自分には後ろめたさはないので、客観的に妻の状況を分析してもらいたい
という観点から申込まれます
仮に夫自身が不倫をしていて、ブス女に離婚を迫られたり、妻との不仲になって
いる状況で、カウンセラーにアドバイスをもらう勇気のある男性は少ないわけです
なぜなら、自分のしている事が社会的に悪い、自分が非難されるという事をよく
わかっていますから、第三者との接触は怖いのです

要は自分の尻を拭えない夫が不倫をしているのです

そして、その夫をブス女は自分の寂しさや嫉妬を解消するために引っ張るのです
不倫の当事者二人は、社会に知られたら本当に弱いし情けないし恥ずかしい人間
です
男はそもそも小心者ですし、ブス女は女の真摯な生き方を捨てているわけです
そこに、妻である相談者が負けてはいけない
それまで暴言を吐く事などなかった夫が
『お前には何も関心はない、早く別れてくれ』
『俺はお前と一緒にいるのが苦痛だ』
という言葉の裏にブス女の邪悪な心が大きく影響しているのです
それを知るのがカウンセリングです
夫とブス女の中では、大きな縦関係が存在しているという実態を伝えます
私の相談者が、
『うちの夫がこんなに小さいとは知りませんでした、私も甘かったです』
『夫に何か言われるとびくびくしていた自分が恥ずかしいです』
『夫がブス女に引っ張られている事がよくわかりました』
という気付きの言葉が男のチキンぶりとブス女の常軌を逸した行動の全て
を物語っています
そこに、まともで普通の生活をしてきた相談者がその二人に負けないための
正義感や倫理観を強く持って対峙してもらうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA