夫との夫婦はとにかくブス女を叩いてからでなければ始まらない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には
何かにつけても自分の正当性を見いだせないまま、夫の言いなりになって
いる状況が続きます

そこには夫の理屈を認めているわけではなく、ただ怒られるのが嫌だとか
争い事にはしたくないという理由であったりします

『お前には何もしたくない、早く別れてくれ』
『俺にはもうお前と別れる事が一番の希望だ』
『俺たちはもう一緒にても意味がない、わかるだろう』

というような言葉に、その理屈も筋も通っていない事に対して言葉が出ない
のです

はたから見ると

『もっとガツンと夫に言えばいいのに、何で言いなりになるの』
『そんなの私なら絶対に許さない、あり得ない』

と言われます
いや、自分でも逆の立場であればそう言うはずです
それが自分の夫の不倫で言えないのは、単に先がどうなるのかわからない
不安です
ここで敢えて

’単に’

と言うのは、そもそもこのまま不倫夫にデカい顔をされ夫婦をおっかな
びっくり続ける事の方がよほど不安という事を言いたいからです

不倫夫と一緒にいつまで夫婦を続けるのかという考えはなく、単に夫婦
という形を崩したくないという恐れをいだいているのです
夫婦を続けていくのは、離婚届に判子を押さなければすむ話です

しかし、そこにはいわゆる夫婦の意味は何なのかという答え無いのです
自分たち夫婦という唯一無二の人間関係に、被害者加害者の実態がある
わけで、その実態をなあなあにして人生をどうしようとしているのか

夫婦を続けるというのであれば、そのあり得ない不倫をまず先にケジメを
つけるのが筋です

私の相談者はその理屈をカウンセリングを通じて理解し、夫婦を一旦
凍結する位の意識で、先に不倫ブス女のふざけた愚行に対峙するのです

夫との関係はとにもかくにも、ブス女を排除してからなのです
それから考えても遅くはないではなく、やってからでなければ始まらない
のです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA