不倫夫に隠し事を聞かずともブス女を叩けば自然と全てわかる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の言動に苦しむ中で
相談者の気持ちの中では自分の存在感がどんどん薄れていくわけです

『俺にはお前は必要ない』
『早く別れてくれ、もう一人にしてくれ』
『お前と俺は合わない、一緒に行っても無駄だ』

という言葉を言われたら誰でも自分は必要とされていないと思うのは当然の事です

『夫にとって私は妻じゃないの』

という感情が湧き出てきます

しかし、その思いを行動にすると夫への依存が増す事になるのです
夫に嫌われたくない自分やすがる自分、下げる自分を夫にだしてしまうわけです
それを夫はさらに

『そういうのが嫌だって言っているだろう』

という態度を出してきます
なぜこのような夫と妻のやりとりになってしまうのか
不倫している夫がいばって、被害者の妻が言いなりになっている状態になるのか

それは、不倫ブス女を知らないからです
相談者の多くは、仮に夫が不倫をしていても

『夫は別れてくれるはず、信じている』
『もう別れたと言ってくれた、後は私の心がけ次第』
『不倫をされたのは私のせい、私さえ優しくしてあげれば』

と、まるで夫は自分が不倫をした元凶というある意味

‘自分に都合のいい解釈‘

をしているのです
仮に自分のせいで不倫したとすると、自分が夫にかいがいしい態度で接していれば
やめるというほど、夫に対して絶対的な自分がいるのか
そういう自信がないのに、自分が夫を変える力があるとどこかで思い込んでしまって
いるのです

しかし、ブス女を一旦知ればその思いは吹き飛ぶのです
私の相談者にはブス女を直接見るべきというお話をすると、時間の経過と共に実際に
対決をするのです
すると

『こんなバカな女に夫は入れ込んでいたのか』
『本当に汚らしい女でした、情けないにもほどがあります』
『もっとましな女かと思っていたら、人生で一番ありえない女でした』

という言葉が並びます
そして、続けざま

『ブス女を見てよかったです、私は本当に勘違いをしていました』

と言うのです
つまり、こんなアホな女にいいように使われて、SEXだけしたいアホな夫に気に入られ
ようと一時でも必死だった自分を強く後悔します

『私は何もわかっていなかった、これが現実なんだ』

という思いが出てくるのです
そこに自分が夫にすがる事や夫を変える事ができるとどこかで信じていた甘い自分を
捨てる転機が来るのです

『人生を歩むのに夫さえもあてにしてはいけない、自分の力を信じていく』

という位の自分主体の生き方を望むのです

 

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA