旦那の浮気に哀れなブス女と弱い夫の現実を見なければ妻ではない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の気持ちの中では
夫の関係性が非常に重要なわけですが、その関係性はおよそ夫婦のものとは思えない
状態になっているわけです
そこには、

『うちには何も問題はないと思っていた』
『普通に暮らしていたから、良好な関係だった』
『夫は不倫なんてするはずもないという事すらも考えていなかった』

という思いで暮らしていた自分がいるわけです
その思いというか考えは当然です
しかし、現実はその思っていた状態とは180°真逆の事が起こっているのです

その直接的原因は、夫の変貌に他なりません
妻が何か起こして夫婦がおかしくなっているのであれば、

『お前どうしたんだ、おかしいぞ』
『何でこんなことになったんだ、俺の知っているお前じゃない』
『俺はどうすればいいんだ、お前がしっかりしてくれなければまずいだろう』

と今の自分が思っている事を夫の方から言ってくるはずです
そうでないのは夫がおかしいからなのです

しかし、ここで考えなければいけないのは夫がおかしい原因は夫自身というよりも
ブス女から受けた尋常ではない女の欲望から来ているという事実です

そもそも、妻から見れば真面目で実直で優しい夫が、急に変わるなんてあり得ない
わけです
もしそういう男であれば結婚しているはずがないのです

つまり、夫自身の持っている変動要素とは考えにくいわけで、自分以外の外的要因
によるものの可能性が高いと考えるのです

それこそがブス女の女を武器にした嫉妬やコンプレックスなのです
私の相談者がカウンセリングを受けている中で勇気を持ってブス女との対決をすると
心の底から

『とんでもないブス女でした』

という事を異口同音に口にします
それまでは夫がおかしくなっていた事に頭を取られていた自分から

『こんな女を相手にしていたのなら、夫もバカになるわ』
『よくこんなブス女と寝れるよね、お人よしというかバカというか』

という位、ひどい女とわかるのです

そこには、ブス女の常識を外れたエネルギーというか世間の鼻つまみ者の姿を目に
した自分がいます

そのブス女を相手にしていた夫も夫ですが、相談者自身も徐々に冷静になっていくと

『夫はお人好しで、こんなブスでも相談に乗ってほしいと言われ有頂天になって深い
関係になったのは想像できる』

と、自分の見立ての夫からするとわかってくるのです
その不倫の実態というかからくりを知ると、本当に馬鹿らしい事しか出てこないわけ
です
しかし、知らなければただ怖くて不安しかないわけです

そのブス女の現実を知ると、最後には同情こそしませんが

‘哀れな女と弱い夫‘

と見下す自分が出てきます
その情けない男女を見てこそ、自分の人生に強さが必要と心から思うのです

『自分が現実を捉える強さがなければ生きていけない』

という決意をするのです
そこに夫の不倫は苦しみしかなかったという思いから、得たものが大きくあった自分に
変わるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら