不倫夫と自分の夫婦像のギャップを作るのは自分の頭の中と知る

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての夫婦と
夫の考えている夫婦はかなりのギャップがあるわけです
しかし、それをギャップと考えるというよりそもそも夫婦について考え方は相違がある
という事です

『夫は私を嫌いになった、夫婦はやっていけないと言っていた』
『夫の気持ちはもゥ私にはないと、これから夫婦をどうすればいいのか』
『夫が考えている夫婦には私は対象ではなくなっている』

という思いです
しかし、夫はと言えばそういう悪態をつきながらも家に帰ってきて普通に食事を取り
会社に行くのです

その夫に実現したくはないけど

『なぜ離婚しないのだろう』

という思いです

そこに夫と自分の夫婦の形というか考えがまず違うのです
夫は夫婦をそれほど深く考えていないというか、考えられないのです
なぜなら、深く考えていたら不倫なんてしませんし、軽々しく離婚も言わないのです

しかし、それを言うのですからどこかで夫婦という形式を利用しているのです
一方妻の方は、夫婦に離婚なんてあり得ないわけですから、そういう事を言う夫が
あり得ないという思いです

妻にとって夫婦は揺るぎない関係です
その両者の捉えている夫婦の関係は天と地との差があるのです

夫の思う夫婦は、とにかく妻に夫面できればいいのです

外で何をしようが家でいい夫ができればそれで夫婦は成り立つと思っている
夫がそれを口でいくら否定しても、やっている行動がそういう行動なのです
その夫の夫婦像が自分とは全然違うとショックを受けている暇はないのです

なぜなら、そういうギャップを生むのは自分の勝手な夫が一緒の方向を向いている
と勘違いした自分です
逆に言えば自分が現実を捉えれば、夫婦像のギャップなんて無くなるのです

『自分の思う夫婦と夫の捉える夫婦なんて違うのが当然』
『自分の考える夫婦は自分だけのものでいい』

という思考になっていくのです

私の相談者が口にする言葉が初期の頃の

`夫が夫が・・・`

という言葉から

`自分が自分が・・・`

という主語がすっかり交代するのは、その夫婦像のギャップを当然の事と理解した
証拠なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら