女として自信の無い不倫ブス女の弱さを見抜いて戦うのが妻の義務

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、様々な夫婦の状況を聞いて
いるわけですが、正直どの相談者の夫婦にも驚きはないというのが私の実感です
そもそも、結婚した時にはもっと愛情あふれて幸せが多かった夫婦に家族も増える中で
歳を重ねていけば、人間変化もあるわけです

その変化は必ずしもいい方にだけは怒らないわけで、悪い変化も少なくないわけです
そのうちの一つが不倫です
夫は

『オレが女に言い寄られるのもしょうがない』
『頑張ってきたんだから、浮気の一つや二つ位いいだろう』
『俺ってモテるな、何でだろう』

と、アホな勘違いが不倫の始まりです
そもそもブス女は同性からは嫌われる女です
正直女から見ると相手にされていない女ですから、そういう女は男に自分を向ける生き方
をしているのです

そういう意味では、別に男なんて誰でもいいのです
自分を持ち上げてくれる男であればいいと思っているからこそ、既婚の男に行くのです
既婚というだけで夫は自分は相手にされていないと思っている所に、ブス女が

『私、結婚している男の人って優しくて憧れます』
『結婚していても関係ないです』

と、自由奔放さをウリにして、バカな夫の気持ちを惹くのです
そういう事を言われた夫は

『え、俺でいいの』
『まさかオレに気があるのかも』

と、勘違いをするわけです
と言いますか、勘違いをさせるブス女の策略にまんまとはまるのです
そして、ブス女は独身でも既婚でも関係ないという、まさに不倫に対して引っ掛かり
がない生き方をしています

そういう意味では寂しくも魅力のない女なのです
そういう女は既婚男性であれば自噴が有利な立場になる事をわかっているのです
そこに、夫の

『俺ってモテるのかも』

というアホさが加わるのです
この時点でチキンと撫す女の序列が点いているのです
家庭ではエラそうな事を言っている夫も、ブス女には気に入られたいだけの子分に
成り下がっているのです

だからこそ、夫とブス女のラインを見ると、赤ちゃん言葉や小学生でも使わない
本当に情けない会話が出てくるのです
それを自分の子供が見れば、絶対に

『こいつバカじゃねえの』
『あ、キモイこのオヤジ変態』

位の言葉が出てきます
そのアホな事をしている夫に誰が一番正す義務があるのかと言えば妻しかいません

『このバカ、ふざけんじゃない』

という信念が必要なのです
それをまず、この同性に嫌われているブス女に同性の代表として戦うのです
ブス女は妻が一番の敵であり嫌なのです
女として自信の無さを不倫でごまかすブス女の心の弱さを見抜いて戦うのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら