浮気相手の女の‘私の方がこの人を愛している‘という思いが行動をエスカレートさせている事に気づけ

一般社団法人夫婦問題レスキュー隊
無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)

カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談
お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください
2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが
届かない可能性がありますので、ワード、メモ帳
などに一度保存してコピー&ペースト入力下さい)

有料相談についてはこちらから

昨日(6月4日)ご相談件数(メール・対面・お電話) 女性29件男性1件
6月累計ご相談件数(メール・対面・お電話) 女性126件男性2件

夫婦カウンセラーの木村泰之です

浮気した夫に悩む相談者が、相手の女についての

とらえ方は様々です

‘腹が立ってしょうがない‘

という方もいれば、

‘腹は立つけど、それより別れてほしい‘

という方もいます

前者は、結構相手の女の素性を分っている時で

後者は、あまりよくわかっていない時です

しかし、いずれにしても女の方は妻の事をよく知って

いるはずです

夫と不倫しようとしているわけですから、その妻を

意識しないはずはないのです

そういう時の夫は、あまり妻の事を話していないつもり

ですが、女の巧みな言葉に、妻の情報をしゃべらされて

いるのです

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

「ネクタイは自分で選ぶの?いや奥さんの趣味でしょ」

「奥さんが怒るから早く帰るんだよね」

「写メ見せてよ、奥さんて美人なんでしょ」

あの手この手で、普通の会話から妻の情報収集です

なぜなら、

‘私は愛人だからハンディがある、奥さんよりこの人の

事を知らなければ‘

と思っています

そういう女に、事実がわかればわかるほど、腹が立たない

と言っていた相談者も、怒りがこみ上げます

女は

‘奥さんは何もできない、私の方がこの人を愛している‘

と勝手に行動をエスカレートさせていくのです

そう考えれば、妻に妻のプライドを見せて、この女の

コンプレックスからくる執念に立ち向かわなけれいけない

のです

夫の浮気に、女の戦いはある意味避けられないのです

情けなくも、弱い夫との事はその戦いの後なのです

*******************************************
メルマガ登録(4月19日より随時配信)
『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
*******************************************

関連記事
浮気した夫より、相手の女の心理を読むと自分が行動に出る勇気が必要とわかるはず

読者登録お待ちしています
メルマガ発行中
(PCでブログを閲覧した時に右上にから登録できます)
『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』
6月9日3時発行 「男の話はなぜ理屈っぽいのか」
(このメルマガは特に読んでおいてください)>

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら