夫の不倫は離婚は大事な権利で修復を死語にする自分に変える時

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には
なぜか夫の不倫についての考え方に固定観念があるのか、とにかく離婚を
避けるという事が一番に行きがちです
その考えは持って生まれた

‘防衛本能‘

が起こるからです
その中では

『今は離婚されたら生きていけない』
『夫を怒らせたらもう終わり』
『私が何か言えば離婚になってしまうかも』

という恐怖心にさいなまされているわけです
かたや夫はと言えば

『お前はオレの事を大事にしてこなかっただろう』
『俺は俺でやって来た、お前はどうなんだ』
『誰に言われてもいいがお前に言われる事はあり得ない』

という態度です
その夫と自分の間には

‘離婚‘

を忌み嫌い

‘修復‘

を求めている人が世の中大勢です
その気持ちはよくわかりますが、ここで考えるべき事があります
それは、離婚は権利であり、修復は妄想という事です

離婚という権利をまるで恐ろしい事と勘違いするのはなぜか
それは、自分一人では生きていけないという状況を恐れている事を、離婚
という手続きを恐れている事にすり替えているのです

つまり、離婚後の目途が立って初めて離婚をするのに、今は目途が立って
いないから恐れているだけなのです
その勘違いを冷静に捉えれば、仮に日本の法律が結婚したら離婚できないと
いう制度であれば、非常に困る事に気が付きます

なぜなら、離婚しても大丈夫という状況になっても離婚できないのは人生
一生苦痛になるのです
そう考えると、

『そうだ、離婚は私の大事な権利だ』

と思い直すのです
そして、修復したいという自分にとって、その修復とは何かもしっかりと
考えないで、ただ言葉尻だけで修復と言っている方が殆どです
漠然とイメージとしては

『仲の良かった昔に戻る事』
『またお互いに理解しあってゼロから出発する事』

のような曖昧な状態を修復と思っているのです

つまり、戻れるわけもない過去の事にイメージがあるのか自分ではなく夫の

感情も必要条件になる状態を修復としているのです
そう考えると、修復なんて死語にしなければいけない、という自分を作る事
なのです

現実的な女性である自分が、非現実的な事を平気で口にしているという現実に
気が付く必要があるのです

その、離婚と修復の二つ両方の捉え方をしっかりと変えてもらうために、
カウンセリングでは何度もその説明をする事で、離婚をプラスに考えて、修復
を口にしないという、それまでの真逆の自分になってもらうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA