芸能人の不倫と夫の不倫を区別しないダメなものはダメという自分

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者に
いつも感じている事があります
その感じている事はほぼどの相談者にも共通している事です

『夫が不倫するなんて私には考えられません』
『相手の女性も嫌がっているのではないでしょうか』
『うちの夫は大していい所ないのに、その人は何がいいんでしょうね』

という不倫自体を全然自分にとってあり得ないという心境です
もちろん、それはよくわかります
しかし、世の中を見渡すと毎日のように芸能人や有名人の不倫のニュースが
出ていますし、ひょとしたらママ友の中で不倫の話を聞いた事がある方も
いるはずです

要は、多くの相談者が

‘世の中と自分を区別している‘

という事です
何で自分の夫に不倫は起こらないと思うのかと、聞いても根拠などないはず
です

『うちの夫が不倫をするなんて思いもしていなかっただけです』

という、思いしかないのです
多分、夫は真面目で優しくて家族思いの男というのは、見立てとしては合って
いるはずです
しかし、だからと言って不倫をしないという根拠にはならないのです

よく言われるように、人間は感情の動物です
不倫ブス女に対して少なからず感情が動いたわけで、性欲を止められなかった
事実があるのです

その夫に対して、多くの相談者が弱くなって愛され妻などするのです

という事は、夫が不倫なんてする人とは思わなかったと心から思っていれば
もっと毅然とした態度になっているはずなのに、愛され妻などをするという
事は、

‘夫は不倫をする人ではない‘

と思っているのではなく

‘夫に愛想を尽かされている私‘

という意識なのです
つまり、言葉では夫はそういう人ではないと言っていても、内心は自分に魅力
がないという自信喪失の方が強いのです

その心境の中では、悪い夫と不倫ブス女にケジメをつけられないで、自己反省
ばかりをしているのです
そういう相談者に対して、客観的に見て自信を失う必要はないという事と、
この二人に社会的に見てダメなものはダメという行動を起こす事をアドバイス
するのです

『私は本当に勘違いしていました、自分を小さくしている事に気が付きました』
『悪いのは二人で私ではない、そこを弱いままの自分で曖昧にしていました』

という言葉が出てくるのは、自分を傷つけたくない保身から脱却しなければ
夫婦なんてとてもじゃないけど続けられないと、考えを新たにするからです
世の中で目にする不倫報道も、自分に起こった不倫も何一つ変わらないのです

正しい方が黙っていては何も変わらないどころか、どんどんひどくなって泣き
を見るのは自分になってしまうのです
そこから、夫への過信や迷信をやめる自分が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA