不倫夫が審判の夫婦では自分で自分の人生を棒に振る事に気付く

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの相談者は
心のどこかで自分が考えている事が人としてずれていないか不安になるわけ

です
その心理状態はネットサーフィンをしたり、ママ友と話をしているだけでは
全くぬぐい去る事は出来ないのです

むしろ、読んだり話したりすればするほど余計に感じます
それ位の自分への不信に陥るわけです

『私は何なの、妻として失格じゃない』
『夫にはあんなに嫌われているなんて、私は妻ではない』
『何をどう頑張っても私はダメな人間』

という感覚です
その思いをどうすれば消し去る事ができるのか
それは

‘私は悪い事は何もやっていない’

と強く心に持つ事です
人間人の目を気にし出すと止める事が難しいわけですが、本当に人目を
気にする事を自分がやっているのかと自問自答するのです

『何で私が悩む側にいるの』
『私が何をしたって言うの』
『私はむしろ被害者だよね』

という客観的な思考を持つ事です
そもそも自分が悪いと思うのは全て夫が発信する言葉や態度です
そこに自分が弱る大きな原因があるのです

夫は意味もなく

『お前とは合わない、前からそう思っていた』
『オレはオレで好きにするからお前も自分の好きにしていい』

と、まるで自分が上司かお客のようなバカッぷりの態度です
その夫の言葉にオートマテイックに部下なのか、御用聞きのような妻になって
いるわけです

カウンセリングではそういう相談者の、

‘夫の下にいるのが当たり前の自分‘

をやめてもらうのです

『あなたのどこが悪いのですか』

と聞きますと

『夫には優しくなかったので、お互いに関心が薄くなったと思います』
『子供にかかりっきりで正直夫の事は放置でした』
『夜の生活も出産後は全くなくなっていました』

というような話は数多く聞きますが、それは相談者が悪いという事ではなく
夫婦の空気がそうなっただけの話です
夫はそもそも会社で何かトラブルが起こっても

『皆の責任だから、また一緒に力を合わせて頑張るしかない』
『連帯責任で皆なで信頼を回復しよう』

と言ったり言われたりしています
それを夫婦の事だけは

『お前の責任だ、俺は悪くない』

と、オッサンが子供以下の事を言っているのです
そういう説明をすると、

『全然気が付きませんでした、本当に自分は夫の言いなりでした』
『いつの間にか弱くなってしまっている自分がいました』

という自分が勝手に世の中の基準から外れている事に気が付くのです
夫をルールや審判にしている夫婦では、とてもじゃないけど自分で自分の人生
を無駄にするという事を心から実感してもらい、一緒に行動に移す能動的な
人生に変えてもらうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA