不倫を自分が夫の妻としてだけ悩むから連帯責任しか思いつかない

 

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者はどうしても
自分ができる事や思考が狭まってしまっています
その中では、当たり前に正しいと判断できる事さえもできなくなっているのです

『私はこれをやってもいいのか』
『夫に伝えてもいいのだろうか』
『周りから変な人と思われないだろうか』

と自分が何も悪い事をしてもいないのに、とにかく誰かのOKをもらわないと行動
に移せない自分がいるのです

もちろんその気持ちはわかりますが、その恐怖心を持っていては、夫と不倫ブス女
の悪事には立ち向かえないのです
そもそも相談者は真面目に実直に生きてきているわけで、そうでなければ私のブログ
に書いてある事に共鳴して相談に来るはずがないのです

『そうそう、私が思っている事が書いてある、勇気を持って相談してみよう』
『誰も言ってくれなかった事が書いてあるから、アドバイスがほしい』
『どこを探しても書いてなかったけど、ここに答えを書いてくれている』

と思ってくれている方が私の相談者で、実際お会いしたり電話でお話すればすぐに
真面目に生きてきた事がわかります

その常識的で真っ当な相談者がなぜこうも第三者に承認をもらうような自分になって
しまうのか
それは

‘夫の妻‘

という意識が強いからに他なりません
自分の夫がおかしくなって、それに対し一人の社会人であれば見方も違うわけですが
妻という見方しかない状況では、夫の愚行は自分の責任ではという連帯責任の思考が
強くあるのです

例えば夫が何か事業で失敗するとか、仕事で迷惑をかけたというような商業的なミス
であれば、夫も努力をしているわけですから、妻としても責任を感じるのもわかります
しかし、その夫自体が反社会的行為をしている中で、自分が責任を感じというよりも
一番の被害者と考えるべきです

カウンセリングでは、私の相談者にはその思考を徹底的に持ってもらうわけです

『確かに夫婦ですが、悪い事をしているのは夫と不倫ブス女であってあなたではない』
『夫婦という関係で自分と夫をくくるのは時と場合によるのです、不倫に妻は毅然と
する立場であって、弱る立場ではないのです』

という事を説明するうちに、相談者も

『そうですよね、私は何も悪い事をしているわけじゃない』
『夫と不倫ブス女を徹底的に叩きたい、私は黙っていない』

という自分の正当性と、信念の両方を回復していくのです
その時の顔こそが、相談者が今までの人生で出してきた表情である事がよくわかる
のです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA