夫の不倫は自分が自分に疑いを持っていなかった怖さに気付く転機

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、不倫夫には大きな
違和感というか、おかしくなっているという意識は強くありますが自分に対して
はどうかというと、心のどこかには

『自信はないけど私は普通に暮らしているはず』
『私もおかしいかもしれないけど、夫ほどではないはず』
『何だかよくわからないけど、私は今までもまともに生きてきたはず』

という思考がありますもちろん、それは間違いではありません
ただ、その考えをもう少し矯正しておく必要があります
どう矯正するのか

そもそも夫は

『お前は頭がおかしいんじゃないか、オレを疑うなんて』
『お前が何を言っても関係ない、お前がオレに言うのか』
『よく考えてみろ、オレがお前に負けるはずがないだろう』

という上から目線で不倫をごまかしています
その夫は確かに頭がおかしいのです
夫婦で序列を作っているわけですから、まるで夫婦を上司と部下のように考えて
いるのです

しかし、ひるがえって妻はどうかと言えば、不倫夫の態度に小さくなっている
わけです

もちろん、何から何まで妻がおかしいなんてあり得ませんが、どこか自分を必要
以上に弱くしていたり、考えるべき所をそのまま放置しているわけです
相談者である妻には

’夫の不倫をそのままにしている妻でいいはずがない’
’夫をまともな人間と思っている自分を疑わなければいけない’

という二つが抜けているのです
そこを認識しなければいけませんが、なかなか一人では難しいわけです
仮に認識できても最初の不倫をそのままにしてはダメという事であって、自分を
疑うという事は思いつかないのです

‘自分を疑う‘

というのは、できそうでできない事です
自分は人の道に外れないようにという意識で生きていますから、何かの判断を
する時には、正しい事をしようとします
しかし、そこに自分の好みや一人の世界に入った時に周りからの目がないので
つい自分の判断が緩くなったり、自分都合になるのが人間です

それは誰しもっている事で、ある人は大丈夫、あの人は危ないという事はない
わけです
そこに、自分もしっかり入れておかなければいけないのですが、ついどこかで
自分は何とか大丈夫ではないか、という過信を持っているのです
その象徴が

『自分の選んだ夫は大丈夫のはず』

という思い込みです
自分に疑いがあれば、

『何せ自分が選んだ夫だから、その夫におかしな事があっても不思議ではない』

と考えるのです
そう考えている方が、現実の状況なのです
自分を疑う事が一番現実を直視する方法なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA