不倫ブス女は自分が被害者で夫が加害者になるよう仕向けている

 

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫は妻から問い
詰められても、不倫を当然のように否定します

『証拠はあるのか、俺を疑っても何も出てこないぞ』
『何を言っているんだ、お前は頭がおかしいんじゃないか』
『そんなに疑うんなら離婚しよう』

というように、濡れ衣をかけられた立場で言い返してきます
しかし、殆どの場合は濡れ衣を着せられているのではなく、本当に後ろめたい
事をやっているのです
妻がちょっとやそっとで、夫に疑いをかける事はまずなく、しっかりと確証や
それに近いものを手にした後に問い詰めるわけです

つまり、夫からすれば

‘かなりウラをとられている‘

という恐怖心を、逆ギレや強い言葉ではねのけようとする心理が働いている
わけです

その夫の心の支えは、陰に隠れている不倫ブス女をアホな男気で守る事でしか
ないのです
なぜそれほどまでにしてブス女を守るのかと言えば

『俺が不倫に巻き込んでしまった』
『遊びのつもりだったのに、本気にさせてしまった』

という罪悪感です
しかし、その感情は巧妙なブス女の執念が引き出させているわけです
ブス女も女ですから、先のない男女関係を普通は選ぶはずがないわけです

しかし、敢えて不倫をやめないのはそれまでの恋愛や夫婦関係で幸せには
なっていないからに他なりません

そのブス女にとっては、既婚者であろうと自分に優しくしてくれて、大事に
してくれるほうがいい、いやむしろ既婚者の方が自分の優位性が保てるので
自分から止めるなんて選ぶはずがないのです

その女が一番注力する事は

‘いかに夫の気持ちを引き取めるか‘

に尽きます
飽きられてもダメですし、怖がられてもまずい、とにかく毎日毎日そればかり
集中しています
そして、自分と妻を比較する事で自分の株が上がるというアコギな事を考えて
いるのです

そのブス女は、とにかく妻や世の中から自分の事を守ってくれるように、夫に
常に仕向けているのです
そうとも知らずに、夫は自分が不倫に引きずり込んだという加害者意識を持つ
だけの単細胞です

不倫の当事者二人に被害者も加害者もないわけで、そこに主従関係に近い意識
を持たせるブス女、持たせられる夫の構図を知らなければ、妻はいつまでも
この二人の下にいる事になってしまうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA