不倫夫の事を変えようとしない自分で笑顔になるのが私の相談者

夫ではなく自分を変える

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって
夫の不倫で一番必要なものは何かという事をはっきりしておかなければいけない

わけです

相談者の中では

『私が夫に優しくなかったので、不倫したんだと思います』
『私の至らなさが夫を不倫に走らせているのかもしれません』

という自分に原因を作る思考が強くあります
要は自分が変われば夫は不倫をやめてくれるのではという思いです
そう考える気持ちはわからないでもないわけですが、その発想は夫の機嫌
を取る自分に変える事を意味しています

その思考で夫に接しても

『俺に媚びを売っても遅い、いまさら何を言っているんだ』

という返答が返ってくるのがオチなのです

つまり、夫に気に入られようとしている自分に変えようとしているのは

自分を変える事ではなく、夫を変えようとしているだけなのです
では、夫の不倫に必要なものは何か

それは

‘夫を変えようとしない自分‘

です

これを聞くと

『夫が変わらなければ困るんですけど』

と思う人は多いはずです

しかし、夫を変えようと思っていなくても無意識に変えようとしている

自分がいるのです
自分が思っている以上に夫を変えようとしている自分がいるのです

その自分に自制をするためにも、夫を変えようとしない自分、つまり自分
が変わる事だけを考える習性を身に付けるのです

例えるなら、服を選んでいる時に

『見て見て、これ似あうかしら』

と夫に聞いているのは、夫好みにしようとしているのです
そうではなく、

『私はこれを着た事がないけど、一度着たかったから買おう』

と、自分に期待して選ぶようなものです
その後者の発想をクセにするのです
そのクセは気を付けなければなかなか身に付かないわけで、結婚してから
夫に聞いている自分が長い分、意識しなければいけないのです

そういう意味で、

‘夫を変えようとしない自分‘

を意識するのです

言い換えれば、自分しか変えない自分、夫は視界の外に置く自分です
私の相談者は交流を通じて、それまで夫、夫と夫の事ばかり頭にあった自分
から、新しい交流での縁を作る事で夫への執着を下げていくのです

『今日は夫の事すっかり忘れていました』

と、本当に心から自分を中心に生きている事を認識するのです
夫の事はたまに思い出すくらいの人生でちょうどいい、そういう自分を作る
ためにも、夫以外の人間関係を作る事が重要なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA