夫の不倫に夫婦の権利義務と男女の生命力の差を武器にする思考

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって
今置かれている状況は苦しさ、辛さ、切なさしか出て来ないわけですが、そこ

からどうやって明るい展望が開けるのか
その状態から何をすればいいのか

『お前と一緒にいるのはもう終わりだ』
『早く別れてくれ、俺の望みはそれだけだ』
『何をしても意味がない、俺は変わらない』

というとりつく島のない言葉しか出さない夫に、途方に暮れるわけです
しかし、夫のその言動に対して、仮に恋人の時ならどういう態度で臨んだのか

『勝手で自分都合で言う人とはこっちから別れる』
『別にあなたじゃなくてもいい、もっと大事にしてくれる人と付き合う』
『こっちだってもうごめんだわ、別れましょう』

という反応でもおかしくありません
つまり、立場は五分五分かそれ以上です
それが夫婦になると、途端に弱くなるのです

それはなぜか

’夫を保険にしている’

からです
恋人の時なら彼を保険とは思っていませんから、また選択肢を考えるわけで
しかし、夫婦は代替がきかないと思い込んでいますから

『ヤバイ、捨てられる』

位の弱さが出てしますのです
その心理的な弱さを、現実的強さに変えてもらうのがカウンセリングです
現実的強さとは、大きく言って二つです

一つは法的権利と義務で、もう一つは性差からくる生命力です

法的権利と義務というのは、結婚と同じで離婚も片方の意思ではできない
わけで、ましてや不倫をしている夫は有責配偶者ですから、離婚を声高々に
言うのは天に向かって唾を吐いているようなものです

婚姻関係に生じる権利と義務を考えれば、恋人の時と同様に自分がプライド
を下げるなんてあり得ないのです

また性差からの生命力というのは、精神的に弱い男と強い女という構図です
夫はブス女に陰で

『いつになったら離婚してくれるの』
『私は一体あなたのなんなの』

というプレッシャーをかけ続けて、夫は自分の優柔不断さを責められて妻には
詰められて、一人弱さを露呈するのが逆ギレなのです
その弱くて情けない夫を見切ると、自分が弱っている事はあり得ないのです

この二つの現実的強さを忘れてというか、頭にない状態から、しっかりと自分の
武器にしてもらうのがカウンセリングです

『よく考えてみれば私が弱るのはおかしいとわかりました』
『夫とブス女には私の強さをぶつけますので』

という信念が出てくると、表情も言葉も全然変わってきます
今までの自分が世の中の事を知らないで生きてきた事を自戒するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA