不倫夫への固定化しているイメージを壊すためのカウンセリング

不倫夫のイメージを壊す

公開日 2017年6月9日 最終更新日 2021年3月5日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫にとっての
自分はどういう妻なのかという事を常に考えてしまうのが相談者の特徴です

『お前には感謝もしているが、もうオレはやっていけない』
『お前もこんなヤツと一緒にいるのは嫌だろう』
『お前はお前の好きな人生を進めばいい』

という夫の言葉に、

『私は夫にとってはできていない妻』
『夫の気持ちは私から離れていっている』
『夫は私に愛想を尽かしている』

という取り方をしています

そこには夫を主語にしている心理、つまり自分はあくまでも夫の動きの中で
生きていく存在にしているのです
かたや夫はと言えば、不倫ブス女に言いようにコントロールされている日々
を送っています

妻とすると

『夫が勝手に入れ込んでいるだけではないでしょうか』
『相手の女の人も迷惑していると思います』
『あの人が女に言いなりになっているとは思えませんが』

というイメージがありますから、なかなかコントロールされているという姿
は想像がつかないのです
しかし、現実は

『ねえ、奥さんに離婚するって言ってくれているの』
『私はあなたの何なの、もう別れようかな』

と言ったかと思えば

『別れるくらいなら死んでやる』
『もうあなたがいないなら生きている意味がない』

と、エネルギーをぶつけられて、夫は右往左往しているのです

それがわかるのは、カウンセリングを通じてバカ二人の会話を想像して話し

たり、夫のスマホのラインを読み解いているうちにわかってきます

『夫は本当にブス女の言いなりだったんですね』

と、ある意味相談者も認めざるを得ません

その中では、ブス女に言いようにされいる
夫ありきの自分だった事が、本当

にバカらしく感じるわけです

カウンセリングでは、そのバカらしいという感覚を持ってもらう事が大きな
意味があるのです

言うなれば、夫への過度な期待値の適正化です
その適正化には、長年こびりついている、止まっている夫のイメージをいかに
壊すかです

その壊す作業を一緒にやっていく事で、夫を思うがままに操るブス女に向ける

パワーを作っていくのです
その中で

『私のパワーを向けるべきは夫ではなくブス女』

という明確な意識ができるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA