不倫を夫任せにしてはいけないブス女の戦いを避けてはいけない

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の不倫には
何を言っても逆ギレもしくはシラを切る夫の姿が定番ですが、まれに正直に
認めるケースもあります

『悪かった、オレが我慢できなかった』
『ごめん、つい出来心で、すぐに別れるから』
『オレも甘かった、許してくれ』

という態度を出す時には、妻も

『嫌だけど、別れてくれるというのであれば』
『一回目は許す、でももう二回目はないから』
『私も悪い所があったから、正直に言ってくれてありがとう』

というような反応を出しがちです
その時の夫は殊勝な態度で、反省を見せるわけですが、そこから時間が経過
すると手の平を返したように、今度は逆ギレをしたり時間稼ぎをします

謝ってから別れたかなと思って再度夫に聞くと

『もう少し待ってくれ、相手の女も心の準備が欲しいと言っている』
『やっぱりオレはオマエとは無理』
『オレはもうどっちともやっていけない、一人になりたい』

など、反省した夫の態度は何だったのかという状況になるのです
その原因は何か
とりもなおさず

‘ブス女のコントロール‘

なのです
夫は妻の前で一度は反省を見せて次どうするかといえば、ブス女に対し正直に
別れ話をするか、怖くて何もできないかのどちらかです

前者であれば夫を先抜けさせたくないブス女が、あの手この手でやめさせない
ようにしますし、後者であればブス女は様子が違う夫を見て奥さんに詰められた
事を悟ってエネルギーを送るのです

結局夫は自分で拡げた風呂敷を自分ではたためないのです
正確に言えば、一緒に広げているブス女が絶対に店を閉めさせないのです

『今さら何を言っているの、ふざけないで』
『私はどうすればいいのよ、勝手な事を言わないで』

という迫力を出して、今度は妻に強気に出るように仕向けるのです
そのブス女の執念を夫がそのまま持って帰ってくるのです
その実態をカウンセリングで解説しながら、相談者が夫任せにしても不倫は
終らないという事を肌で実感してもらうのです

『夫がそんなに弱い人とは思っていませんでした』
『夫はブス女の言いなりなんですね』
『夫に任せてもムリなんですね』

と、自分が動かなければ全然話にならない事を決意するのです
そこには、不倫は夫とブス女ではなく、自分とブス女の女の戦いという事を
頭の中によくよく入れて臨まなければいけないとい事を伝えます

その先に、夫に

『なめているとこんなにも痛い目に遭うから』

という事をブス女との戦いを通じてわからせる時が必ず来るのです
それを現実にした相談者には、夫婦を自分がコントロールしているという
実感が出るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA