夫の不倫で相談者のもしかしてを言葉にするのがカウンセラー

相談者の代弁がカウンセリング

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が感じている
事は、カウンセラーの私にとって共感する事は当然として相談者が言葉
にできない
事を先に行ってあげなければいけない事が数多くあるわけです

『夫には私は離婚しないと言い切ってください』
『夫には女を知っていると言っても意味がない、シラを切るだけですよ』
『夫はあなたの言う事に首を縦に振りたくないというルールだけきめていますよ』

と、相談者が言いたい事、自信がないけどもしかしてそうかもという事をズバッと

言ってあげる事が大きな意味を持つのです

相談者は

『やっぱりそうなんですね』

『言われて納得です』
『そうそう、そういう気持ちを言葉にできなかったのです』

と、つかえていた気持ちを吐露できるのです


相談者の中に、言っていいのか悪いのかという事がはっきりするからです

その作業が相談者に行動する勇気をもたらします
夫の不倫では、だれがどう見ても妻は悪くないわけですが、夫とブス女の本当に
醜い結託で妻が孤立するわけです

私の相談者の夫とブス女の幼稚さとかアホさを世の中の多くの人が知れば

『こんなにバカとは思わなかった』

『外面だけ見ても本性はわからないね』
『これがこの人の本質なんだろう』

という見方をするのです
それほど、社会に見せている顔とこのアホで気持ち悪い会話のギャップは大きな
ものがあるのです

多くの相談実例をわかっているからこそ、相談者が思っているだけで言えない事

表現できない事をこちらから言ってあげなければいけない

相談者にとって、自分の知らない事や隠されている事の大きさが全く分からない
中で委縮してしまい、自分が悪いと思い込まされるだけなのです

夫とブス女の想像を超える不倫脳がもたらす愚行に、カウンセラーが相談者に

必死に実態を話さなければいけないのですそうでなければ、相談者は一生苦しむか
納得のいかないまま離婚に追い込まれる
か、どちらかの可能性が高くなるのです

カウンセリングで相談者が私の必死なその話を聞いているうちに、自分の目の前
で起こっている事の実態とつじつまが合ってくるのです

それまでは、心のどこかで夫を過信している自分から現実を見る自分へのチェンジ

をする事を意味するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA