不倫で夫婦が海の底にいるのにまだ落ちる事を怯える自分を戒める

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、何を言っても相談者には
夫との関係を崩す事が怖いという心理が働きます
その心理は

‘まだ夫婦はこれ以上悪くなる可能性がある‘

という勘違いからきています
会えて勘違いと書くのは意味があります
そこには、多くの方が

『夫はまだ私をわかってくれている』
『夫は私を大事にしてくれるはず』
『夫はこんな人ではない』

という思いがあるのです
しかし、結婚する前に

『浮気したらすぐ離婚だから』
『私を大事にしてくれるよね』
『裏切ったら承知しないから』

と言っている人も少なくないはずです
しかし、いざそれが現実として起こると離婚をたたきつけるわけでもなく、烈火のごとく
起こるわけでもなく、大事にされている実感も吹っ飛んでいるのです

それが現実なのに、自分に都合よく

‘私を思ってくれている‘

と、思いたいという状況が、勘違いでなくて何なのかと言いたいわけです
心のどこかでこうもあっさり裏切られた自分を受け入れられないから、夫に

『ウソだよね、こんな事していないよね』

と、自分を守ってもらいたいために不倫しているという現実を歪曲したいのです
そこに、もし不倫したら離婚というのは、それが一番自分にとってあり得ない事という
意味で言っているのに、それをされてもまだ夫婦は最悪ではないと必死に否定している
自分がいるのです

結婚前に夫に約束した事を破られて、離婚しない自分は何なのか
やはり、甘い考えで夫婦を続けている証拠です
そこに、まだ海底一万メートルの底にいてこれ以上下がりようもないのに、まだ下がある
と思い込む事で自分を楽にしたいのです

そこに自分の中で見つけていない自分の甘さを追求する必要があるのです
それは、まさしく自分の中の一生かけて取り組む命題でもあります
夫や子供や親や兄弟は関係なく、人間は個々の人生を自分がどう進めるかを考えなければ
いけない

いつでも誰かが助けてくれるなんてあり得ないのです
人間最後は一人です
そういう境地に立って物事を考えなさいと言われている事をイメージするべきです
そこに、私の相談者は

『夫の不倫で自分の人生の取り組み方を変えれたのは、本当にラッキーだった』

というのです
夫婦が海底一万メートルの底にいても、自分の力で這い上がるというのは当たり前の事と
思えるくらい、自分を磨き直すのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら