チキンと違い自分の現実から逃げない勇気をカウンセリングで知る

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私がいつも相談者に感じる事
があります
多くの相談者にお会いしている中でそもそも男女差があるわけですが、私の相談者の90%は
女性、つまり妻側の相談です

しかし、夫婦は男女50対50ですから、夫の相談がもっと多くてもおかしくないにも拘わらず
現実的には全然差があるわけです
その差こそが、女性の強さでもあるわけです

仮に夫が相談するとすれば、多くは自分の不倫で家庭を壊してしまっている、どうすればいい
野かという事になります
しかし、結局夫はその家族や夫婦がおかしくなってしまった原因である不倫を第三者に相談
するのも

‘恥ずかしい‘
‘怒られるが怖い‘
‘言いたくない‘

という心理が強く働いているという事です

もちろん、誰だって自分の過失や過ちを誰かに言ってアドバイスをもらうというのは非常に
勇気がいる事です
しかし、現実はそれで妻から三下り半を突き付られ離婚を言われたり、妻の親や友人知人から
責められたり、社会的な地位を失うかもしれないというのが本当に怖いのです

それ位、自分のしている事には真摯に向き合う勇気がないのです
これは不倫に限らず様々な犯罪でも同様で、自首してくる犯人はある意味勇気があるわけです
しかし、多くの場合は捕まるといろいろなものを失うという恐怖から逃亡したり、現実から
逃げるために再犯を繰り返すのです

そういう意味では、夫の言う事や考えている事は捕まりたくない一心なのです

『お前がごちゃごちゃ言うな、俺は俺の考えで生きる』
『俺には俺のやり方がある、いちいち口出しするな』
『もう俺にかまうな、お前もこんな奴と一緒にいるといやだろう』

と、任侠映画の主人公のヤクザが惚れた女に

‘俺みたいなやつにはかまうな‘

と同じような感覚で言っているだけです
しかし映画の中と現実は全然違うわけで、何より自己保身で言っているだけですからビビって
いるだけで格好悪いのです
そのビビりの夫の逆に、妻はカウンセリングを受けに来るというのは

『とにかく対面何て気にしている場合ではない、苦しくて仕方がない』

という、自分をさらけ出す勇気があるのです

その違いを男女で感じるわけです
現実から逃げて、自分の非を認める勇気のない夫と違って、来圧倒的に強いのは妻の方という
事を知ってもらう必要があるのです

多くの事を行動に移せるポテンシャルを持っている自分をカウンセリングの中で知れば、夫に

『私が夫婦をし切る、あなたは夫婦を語る資格は当面ない』

という自分ができるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら