夫の不倫を両家に話すとブス女をあなどっている人を増やすだけ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が夫の不倫を
周りに相談するとどうなるか
もちろん、誰に相談するかで反応は変わってきます

仮に自分の親兄弟であれば

『許さない、絶対にただじゃおかない』
『もう実家に帰ってこい、ろくな男じゃない』
『これ以上傷つくのはやめた方がいい、諦めろ』

というような反応が大勢を占めます
また、姑や舅に相談すると最初は気を遣う言葉が出てきたとしても

『あなたにも落ち度があったはず』
『夫婦の事は自分たちで考えて、私たちはもう関与しない』
『あの子だって言い分はあるはず、どっちかだけが悪くない』

という夫を擁護するような態度に変遷していきます
そう考えると、夫と自分の家系それそれで自分の子供側を守ろうとします
それはよく考えてみると、当たり前の心理です

なぜなら、親兄弟からするととにかく

‘自分の子供を守らなければ誰が守る‘

という心理です
その中で何から守るのかと言えば、妻側は夫のアホさで、夫側は妻の至らなさという事になる
のです
ここに大きな落とし穴があるのです

そもそも問題なのは、夫とブス女の不倫です
その中で、両家の中で出る話は

‘自分たち子供の事‘

に特化してしまうのです
しかし、実態はあり得ない関係を持っているブス女の存在を無視ししている、軽んじていると
いう事です
そこに、両家を巻き込んでも殆ど誰も積極的に問題視しないのです

仮に夫の親族がブス女を問題にしても、息子に対して

『その女とは別れろ』
『その女性とは猛煙を切ろ』
『いつまでもバカな事を続けているな、もう会うな』

と、夫任せにするのです
要は息子である夫がブス女を切る実力があると思っているのです
勘違いも甚だしいのです
正直、夫はアホですしブス女には頭が上がらないのです

その真実を息子には認めたくないのです
また、妻側の親族も

『浮気なんてしているっ場合ではない、孫もいるのに』

などと、夫一人が好き勝手にやっているように映るのです
そこに気が付かないで、結局は両家の子供や孫の問題に頭が行っているのです
要は、夫婦の当事者の妻がじっとしていてはその状況がいつまでも続くわけで、両家の争い
にどんどんエネルギーを奪われてしまうのです

私は相談者には

『お互いのご両親ご兄弟にはなるべく見守っていてというスタンスを崩してはいけない』

と説明します
そこに、ブス女は関係ないとか夫が切ればいい話とか、夫の実力を大きく勘違いした思考が
渦巻くからです
チキン一人にそんなブス女と別れる実力もなければ、強さもないので宇
その勘違いしている周りを増やす事は自分にとっては大きなマイナスと気付くのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら