不倫夫を信じているうちはブス女ノーマークの愚かさをわからない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの相談者には
心のどこかにブス女の事を軽く見ているフシがあります
もちろん、全然ノーマークになっているという事はありませんが、それでも

『夫が不倫をやめてくれればいい』
『相手の女の人も迷惑くしているのでは』
『夫が別れてくれるのを待つ』

など、正直能天気な事を言っている相談者が少なくないのです
そういう思いを持っている事をカウンセリングで見抜くと

『あなたと同じ女の執念をわかりませんか』
『女は女に厳しいですよね、ブス女はあなたへの対抗意識が強い事はわかり
ますよね』

という事を伝えます
そこではまだ相談者も

『そうなんでしょうか、やはり女の人が強いんでしょうか』

と、夫に目を覚ましてほしいという、甘い気持ちが残る言い方をします
しかし、徐々に真実がわかってくると

『夫は自分の力で不倫をやめられないんですね』
『ブス女に引っ張られている事がよくわかりました』
『ブス女の執念が強くて夫は何もできないのですね』

と、女の表現も

‘相手の女の人‘

‘ブス女‘

に変わると同時に、夫の期待値が高過ぎた自分を戒めます

とにかく夫に守って欲しいとか、夫に目を覚ましてほしいなんて言いっている
自分が一番平和ボケしている事を遅ればせながら気が付くのです
そこには、自分が妻としてすべき事を勘違いしているわけです

夫の不倫に被害を受けている自分と、加害者は夫とブス女です
夫に守って欲しいなんて思っているうちは、加害者ではなく味方と思っている
証拠です

夫の不倫で苦しいのは自分だけとは限らない
自分の親兄弟や子供も被害者です
その多くの被害者の代表として、この加害者の二人に戦う意識がいるのです

夫を戦う対象としていないうちは、穏便に事を荒立てないように対処したい分
このバカな二人にいいようにされるだけです

しかし夫を加害者という見方になれば、その共犯者のブス女も敵対する意識が
生まれてきます
そこに気が付くと

『このブス女を叩きたいです』
『ブス女には自分でケジメをつけたいです』
『夫の事は後でいい、まずブス女が憎いです』

という自分に変わるのです
そこに到達している私の相談者は、自分が動かなければ何も変わらないどころか
ブス女に舐められているという事に一番怒りが出てくるのです

 

 

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら