不倫脳夫に弱っているサレ妻の心理について解説します

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、不倫脳夫に悩んでいるサレ妻の心理の奥底にある自虐の心理はどこからくる
のかをのかについて、相談者に説明しているわけです
それをしっかりと紐解く必要があります
その心理は

‘サレ妻の特徴‘

を知っておく事が非常に重要でもあるのです

夫の不倫に悩む相談者を見ますと、どうしても注意すべきポイントがズレていたり、
夫に
甘くなっているケースが殆どです
それを修正する意識も低く、結果的に夫の不倫に後手後手に回っているのです

その中で今回はその相談者の特徴の一つとして

・自分でできる事が減っている

についてお話しします
そもそも私の相談者は、真面目で実直で働いていた中で夫と出会い結婚に至って
いる方ばかりです
要は夫が妻のどこに惹かれたかと言えば、優しさや明るさももちろんありますが、
それ以上に

‘物事に一生懸命なところ‘

を挙げる男は少なくありません
その一生懸命な姿を、夫も刺激を受け

『自分もしっかりしなくちゃいけない』

と思って結婚したはずです

その夫が不倫をする要因の一つに、妻からの刺激が減っている事があります
もちろん、妻は結婚すると多くの場合家庭に入り社会との接触が限られてきて
どうしても同じような毎日の繰り返しになります

そうなると、独身の頃の一生懸命に取り組むという対象が減ってきます
その妻に夫が、前と同じような刺激を受けるかと言えばそうではないわけです
それよりも、会社で自分の役職も少しずつ上がり、同僚の働いている女性に
刺激を受ける事も多いのです

妻としては昔は当たり前のようにやっていた事も家庭入って時間が経過すると、
前にできた事ができなくなったり、おっくうになっているのです
例えば、調べ物でも自分でネットで調べればいい事でも夫に

『これって何?』

とすぐに聞いていたり、夫にトイレの電球を会社に帰ってから替えてもらう等
自分でやればすむ事も頼んでいる自分がいるのです
しかし、夫が会社や外で接する女は自分で頑張ってやる姿を見せているので、
自然と比較ができてしまうのです

その自分ができる事を減らしていないかをチェックする事は非常に大切な事
なのです
夫が外で会う人間と妻との比較に自分から劣後しないようにする意識を持つと、
夫の関心はある程度自分を向くのです

夫をリビングの中だけで見ていてる夫だけで、

『この人はいつもの夫、私が知っている夫』

という判断をしてはいけないのです

夫は自分に優しくて、世界一の人と思っている自分が一番敵になるのです
それはサレ妻の第一歩ですが、当の本人が一番気付いていません
夫を過信して見ている自分は、常に夫の中で優先順位が一番の女性になっている

もちろん妻だから当たり前ですが、それはあくまでも夫婦という関係性を通して
の事です
夫も人間ですから、いろいろな女と外で会っている中で感情が揺れ動く事も多々
あるのです

夫は女性の比較を持っているという事をイメージする事が大事です
世の中その比較が無い夫はいないのです
無条件に自分を夫の優先順位1番の女性として、思い込んでいてはいけない

自分の中で自分を成長させる努力を怠って、妻という立場にあぐらをかいていれば
気が付けばサレ妻になっているケースは山ほどあるのです
妻であれば、夫だけが世界一でいいはずがないのです

自分自身も世界一の妻になるべく成長が必要です
そういう自分の意識が、平和ボケが生んでいる不倫という事を理解します
私の相談者が

『不倫は私が悪いのではなく、緩んでいたから起こっていた事』

という事を明確に理解します
夫に優しくなかったとか、大事にしてあげていなかったと思っているのはサレ妻
の一番の特徴です

その自分で自分を騙している状態から、一刻も早く抜けなけれないけないのです

夫婦という関係は、本当に真剣かつ真摯な気持ちでぶつからなければいけない
それを例え夫がやっていなくても、自分がその夫に引きずられてはいけないのです
夫婦に真剣さも真摯な気持ちもない夫に

『私がこの夫婦は仕切る、不倫夫には何も言わせない』

という信念がいるのです

サレ妻というのは不倫されてもまだ、その夫に引っ張てもらおうとするのです
そうではなく、自分の人生を自分の納得で埋める生き方をするのです
そのためには、絶対にサレ妻ではいけない

サレ妻ではなく、

`犯罪の第一発見者`

という思考がいるのです

アホな夫の内輪で生きるのか、それとも世の中の人の思考の中で生きてこの犯罪を
絶対に許さないと思って生きるのか、それは自分次第なのです
サレ妻というのはあくまでも、自虐の表現でしかないのです

本来不倫は

‘バカな夫とブス女の犯罪‘

という見方で語られるべき事です

その被害者のネガ心理ではなく、世の中の悪事を周知する思考を全面に押し出す意識
を大きくする事が大事なのです
妻がサレ妻で縮こまっていればいるほど、夫とブス女の常軌を逸した愚行を助長する
事につながっているのです

状況が悪化しているのは、真逆の自分になっている事が原因になっているというの事が
カウンセリングです
要は夫とブス女にビビっている自分をやめる事が全てなのです

『あなたが一番強くて一番正しいのですよ』

と言い続けるのもそのためなのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら