チキンにすがる自分が情けなくなるのもブス女のIQを知った時

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者との話の中で多くの方が
口にする事があります
それは

『夫は何でこんなにわからないのでしょうか』
『夫は何のために不倫するのでしょうか』
『夫に何を言えばやめるでしょうか』

という、夫を変えるための言動を欲する言葉です
そこには、夫の事だけをどうにかするという思考です
しかし、再三お話しするように不倫は夫だけではできないのです
ブス女が必ず存在するのです

その不倫をしているのは夫というのは紛れもない事実ですが、ブス女も一緒にやっていると
いう事が希薄で片手落ちなのです
そこに大きな大きな問題があるのです

相談者が

『何で男の比とは不倫をするんでしょうか』
『男って本当にダメですよね』

と言っている言葉がその片手落ちを証明している
自分と同じ性のブス女が世の中の不倫している夫と同数存在しているのです
それを頭でわかっていないのです

本来であれば、

『何で人は不倫をするんでしょうか』
『男も女も本当にダメですよね』

と言わなければいけないのです
そこを夫だけしか見ていないから、男と限定してしまうのです
そこをお話しすると、

『そうですよね、私はそういう所がわかっていないのですよね』

と自分を戒める言葉が出てきます
不倫に対処するには、夫以上にブス女を捉えなければいけない
なぜなら、夫は前からよくわかっていて、これからもとりあえず付き合う人間です
しかし、ブス女はもうとっとと早くけじめをつけて葬り去りたい人間です

そこに臭いものにはふたをすると言うか、怖さが先に立ってしまい、夫だけ不倫の当事者
にして、ブス女を視界に入れない自分がいるのです
その状況ではますますブス女が暗躍するのです

その夫だけの思考からブス女に向けるには、正直一人では難しいのです
なぜなら、そもそもブス女をしっかりと捉えていませんし、夫がやめてくれさえすれば
いいと、一番手っ取り早く夫にだけエネルギーを注いでいるからです

その間、ブス女は

『奥さんは私には何もできない』
『あの人が守ってくれている』

と調子に乗っているのです
その実態をカウンセリングでお話しすると、少しずつ自分が避けて通ってきたブス女を
放置してはいけないという事がわかってくるのです

その証拠に、ブス女の姿形を探偵の報告書やインスタやラインの会話でアホさを知れば

『こんなアホな女、絶対に許さない』
『夫は後でいい、どうせこんなバカな女に乗せられてホイホイついていってるだけ』

と、ブス女を起点にして、そのバカ二人の想像がつくのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら