チキンとブス女の理不尽の麻痺から目覚めるために自分を磨き直す

バカ二人の麻痺から目覚める

公開日 2018年4月5日 最終更新日 2021年3月1日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、自分の事は後押回して夫や子供
優先させてきたという相談者が殆どです

『夫の事ばかり考えて生きてきましたから、夫の不倫にどうしていいのか全然わからないです』
『育児に精一杯でしたから、とにかく自分の事は殆どどうでもいい位の生活でした』
『夫と子供の事が最優先でしたから、どうしても自分の頭の中では何も考えてつきません』

と、いきなりおかしな状況に陥った中で自分の無力感や、右も左もわからない心境を語ります
それは誰でも無理のない事ですが、そこから自分をどう立て直すべきかが問題です
多くの相談者は自分を後回しにしている日々があります

夫には言われた通りに動いて、子供の育児や学校に毎日様々な事を頭を張り巡らせています
その中で夫に

『おれの事をないがしろにしていた』
『おれの言う事なんて何も聞く耳は持っていなかった』
『子供にばかり目が行っておれは寂しい思いをしていた』

という、まるで不倫は妻のせいと言わんばかりの言い訳にさらに自分を後回しにしているの
です
その状況を変えるには、

`自分を前々にする意識`

です

その意識というのは、日本人は特に正直出すのが苦手です
中流意識とか、真ん中でいいとか、人に先んじて動くというような気持ちは出しにくいのです
ただ、このような気持ちを意を決して出したとしても、正直それほど強くは出ないのです
どこかでストップをかける自分がいるわけで、いくら全力で自分を出しても足りないのです

しかし、そこから少しずつカウンセリングで自分の主張を出す事に慣れていくと、相談者も
それに
慣れていきます
人間何事にしても

`習うより慣れろ`

なのです

そこから理不尽に夫とブス女に屈している事に麻痺していた自分をやめるのです
多くの相談者が鈍感になっている感覚を、磨き直す事を決意する

『私が夫やブス女に屈していいはずがない』
『夫の言いなりの人生はまっぴらごめんだわ』
『私は私らしく生きる、そう決めた』

という思いが出た時には、夫との会話も接し方も大きく変わっています
そこに辿り着けば、自分を後回しとか先に出すという意識はなくなり、ただただ自分の思って
いる事をやるだけという信念が出るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら