不倫夫がおかしいという前にその夫に許可をもらう自分がおかしい

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては日常生活で何か
起こった時に、

‘自分が何かをする=夫の許可が必要‘

というルールが頭の中にあります

『あの人に言っておかなければ後で何かあっても嫌だから』
『先に言わないと夫は何で言わないんだと怒るから』
『私一人の判断では決められないから』
『夫の意見を通しておかなければ面倒な事になるから』

といいような理由があるのです
それはそれでそういうバランスで生活していたわけで、誰かに文句を言われる事ではありません
自分たち夫婦のローカルルールでいいのです

しかし、それを適用するのはあくまでも人に迷惑がかからないという事が前提です
そういう意味では、夫の不倫ほど多くの人に心配と迷惑をかけている事はそうそうないわけです
その不倫の当事者である夫に

『相手の女に会いたいけどいい?』
『この事実をあなたのご両親に言いたいけどどうなの?』
『会社の人に確認したいけどいいよね?』

と、犯人の夫に許可をもらおうとしている方が殆どです
要は人に迷惑をかけている張本人である夫に聞いている妻がいるのです
それはどこかで脅し的に言えば不倫をやめてくれるのではと思っていたり、いつもの習性で
夫に許可をもらおうとしているのです

起こっている事は夫が犯人である不倫です
いわば妻はその被害者でありなおかつそれを追求する刑事です
その刑事が容疑者を取り調べている時に

『お前の共犯者に連絡していい?』
『お前の親族に情報を伝えていい?』
『お前の会社に確認してもいい?』

何て聞かないのです
そんな事は水面下で刑事は調べたり伝えるのです
つまり、犯人に手の内を教えてどうするのかという事です

それ位、いびつにっている自分を知らなければいけないのです
そこから自分ができる事は、夫の言いなりになってはいけないという自分作りです
夫に許可をもらうのは、何もない時であればいいのです

しかし夫が世の中から白い目で見られている時に、その夫に許可をもらおうとしている自分は
やはりおかしいと思わなければいけない

人は自分で自分を疑う事を怠るのです
私も日々自分を疑う事を忘れている時には、後でしっぺ返しが来るのです
それも、自分の都合で物事を考えている時です

夫に対してだけではなく、自分に対してもこれでいいのかという疑いがあれば人生でそう大きく
誤る事はないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら