不倫は夫だけではできないブス女との共犯という現実を捉える

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって夫の不倫は
どういうものか
それを正確に把握することが非常に大事な事です

夫の不倫を

『なんで男の人は不倫するのか』
『男の人は誰でも不倫するのか』
『男には不信感を持ってしまいます』

という思いを持ってしまうと、そこには大きな大きな勘違いが出てきます
どういう事かと言えば、夫の不倫イコールブス女の不倫です
男が一人不倫するという事は同数の女の不倫が存在するという事です

つまり、妻の頭の中に

‘夫の不倫は夫の問題‘

という思考では常にブス女が後回しになるのです
自分が苦しめられている不倫は、夫とブス女の二人が加害者です
その隠れるブス女を意識していない、したくない相談者が殆どです

その気持ちはよくわかりますが、私の相談者もそうですが加害者の一人であるブス女を
意識の外に置いて笑顔を取り戻した人はいないのです
不倫というのは男と女の共犯です

相談者の同性であるブス女もわかってやっている事です
その実態に妻が夫、夫とばかり言っているからブス女は陰で

『奥さんバカみたい、可哀想』
『私ならもっとご主人を大事にするのに』
『奥さんには負けない』

という、自分の立場を考えさせないような弱腰になるのです
そのブス女の心理をカウンセリングでお話しすると

『絶対に許さない』
『私が夫ばかり見ているからいけないのですね』
『ブス女をビビっている場合じゃないですね』

という意識が強く出てきます

それはどこかでは出さなければいけないとわかっていても、怖いとか不安という自分が
心に閉じ込めていた意識です
夫だけが不倫の当事者であると思い込もうとしている自分を捨て始めた証拠です

正確な実態を掴んで、腹を決めて現実に向かうという相談者の信念を出し始めた時には
あれだけ意識の隅に追いやっていたブス女の事を頭の真ん中に置いているのです
そこには夫だけが加害者ではなく、男だけが不倫をするわけではなく、同性のブス女が
堂々と犯罪を犯しているという見方に変わった自分がいます

また、夫はそのブス女に言いなりの子分でしかないという事も理解します
それ位、ブス女を意識するのとしないのでは大きな違いがあるのです
カウンセリングは現実を捉えて動く事の重大さを日々説明します

ブス女を捉えた相談者にもれなく笑顔が戻るのは当然なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら