‘私は甘かった‘の思いが自分への不安と期待のワクワク感を生む

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、新しい相談者がカウンセリング
を受けての感想で多く出る言葉がいくつかあります

『大変な事をしなければいけないのですね』
『そういう事を皆さんやっていくのですね』
『私のケースではどれ位で終わるのでしょうか』
『これから先どうすればいいのか何となくわかってきました』

というような言葉です

その中で一番多いというか、多くの相談者から出くる同じような言葉は

『私は甘く考えていました』

というものです

どうすればいいのかを具体的にお話しすればするほど、

『そこまでやらなければいけないのか』
『そんな事が起こるのか』

という思いが出てきます

しかし、それが現実ですから避ける気持ちが出れば今まで通りの昨日と今日、今日と明日が
続くだけです
動くか今まで通りじっとしているかの二つしかないとわかってくるので、相談者も動く事を
選ぶしかないという思考に傾く

そう思うからこそ、

`甘い自分`

を痛感するのです

しかし、そう思うという事は自分を変えるという意識が出てきた証拠でもあります
そうでなければ甘かったとは思いません
その言葉が出た時に私は

『この人にスイッチが入った』

と感じるわけです

それを引き出すためにも数多くの相談者を紹介したり、いろいろな方の実例を聞いてもらう
のです
そこから相談者が、どんどん現実と自分の頭のイメージのギャップを埋めていきます
そして、自分が以前に考えていたレベルでは全然歯が立たないというか、更に痛い目に遭う
という想像から、

`最低ここまでは強くならなければいけないはず`

という目標ができるのです

そして、そのギャップを知った自分はもちろん大変だし苦しいけど、ここを乗り越えなければ
いけないという信念の方が強くなるのです
相談者にとって

‘自分が甘かった‘

というのは人生でそう多くは言いたくない言葉です
しかし、この夫の不倫ではそれを出さなければいけないという事を感じるのです
喝を入れるとか叱咤する事を、しばし忘れていた自分がどこか新鮮にも必要な事とも感じる
のです

そして、これから自分がどれだけ変われるかを不安半分期待半分のワクワク感が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら