自分がわからないと思う事を大親友に聞かれたら答えている現実

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者にお話しする際に
いろいろな角度からものを見てもらうための話をするのです
相談者からは

『私は夫にこんな事を言っても大丈夫でしょうか』
『私が女に何かすると夫婦がおかしくなりませんか』
『夫が出ていけと言いますが出ていくべきでしょうか』
『夫に生活費を欲しいと言ってもいいでしょうか』

というような質問がよく来ます

もちろん答えてあげなければいけないのですが、私の中では

`相談者に答えがない事は答える、そうでなければ考えてもらう`

というルールがあるのです

どういう事かと言えば、上記の質問は相談者は本当にわからない事なのかという事です
例えば、相談者の大親友が同じように夫の不倫で苦しんで、相談者に泣き泣き相談したとします
その時に大親友に聞かれた相談者はどう答えるのか

『何で悪くないあなたが悩むの、おかしい』
『ご主人にはっきり言うべきだよ』
『相手の女にいいに行こう、私も一緒について行くから』
『あなたが家を出ていく事はない、あなたの家だよ』
『生活費はもらわなければダメだよ、当然だよ』

と迷いなく返すはずです

大親友ですから無責任な事は言うはずもありませんし、親身になって答えるはずです

『大親友には何と言いますか』

と聞けばちゃんと言のに、自分の事だとわからないではおかしいのです
それを言うと相談者は目からうろこの表情で

『私は何もわかっていませんでした』
『そうですよね、友だちにはちゃんと言いますよね』
『他人にはそう言っておいて、自分ではわからないではだめですよね』

と、そこで自分がわからないのではなく、勝手に弱いふりをしてる事に気付くわけです
その大親友とに比較が常に思考に必要なのです
自分がただ聞いているだけでは、自分で考えないのです

それも夫との平和ボケ夫婦の環境でそうなっているのです
何でもない時にはそれでいのです
しかし、夫の不倫のような不測の事態にはそれではだめなのです

自分が教えてもらう、受け身の状態でいいはずがない
自分が教える位の意識が必要なのです
自分に答えがある事に気付けば誰でも受け身をやめるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら