夫婦で一番の問題は、周りに頼って自分が主体的に問題に向き合わない事

公開日 2012年10月23日 最終更新日 2014年8月22日

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金10時~18時、土10時~13時と17時~20時)

カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談
お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください
2日以内に返信します

有料相談についてはこちらから

昨日(10月22日)ご相談件数(メール・対面・お電話) 女性22件男性1件
10月累計ご相談件数(メール・対面・お電話) 女性301件男性10件

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃浮気した夫に悩む相談者とお話していますと、

すでに確固たる浮気の証拠を持っている方がいます

そして、その証拠を持っている事を夫や、夫の両親に

話しているケースもあります

相談者からすれば、浮気をやめてくれると思って、話を

するわけです

しかし、相談者の期待とは裏腹に、結果はだいたいよく

ない方向に向かいます

どうやって調べた、関係ない、人の行動を探るなんて

最低だ等、逆ギレを並べて口を聞かなくなるパターン

です

妻としては、ショックを受けてしまい、ゴメン、私が

悪かったと言って空気が最悪になる

義理の親に言っても、息子は今はそっとしておいた方

がいい、もしかしたら〇〇さん(妻)に不満があった

んじゃないのかしら、と息子の擁護に回ります

自分の親に話せば、もうすぐに離婚だ、許せないという

か、もう少し待ってみたら、そのうち落ち着くからと言

われる

いずれにしても、証拠をつかんで周りの人に話をしても、

自分が楽になる答えは返ってきません

むしろ、孤立を深める状況になります

確かに、夫に浮気をやめてほしい一心でいろいろと動き

たくなりますが、ここで一歩だけ先を読むことが大事です

一足飛びに浮気をやめさせる事ではなく、なぜ夫が浮気を

しているかの分析が先なのです

証拠は、シラを切った時の反論材料であったり、慰謝料

請求に必要なものであり、分析をした後にどう扱うかを考

えるものです

夫の事実を、まずは妻としてどう考えるか

ショックはショックですが、それでも自分の夫のしている

事です

ここで、いろいろと相談相手を増やすと多くの場合頭が

混乱してしまうのです

夫への対応はあくまでも妻自身が決める事であり、親兄弟

に聞いたり、話をしてもらうようお願いしたるするとこじ

れるのです

もし、自分が逆の立場でも、夫が親や兄弟経由で話をして

くると、「自分で言いなさいよ、親になんか頼まないで」と

怒るはずです

また、内容が浮気の話ですから尚更です

夫婦に起こった問題を、自分が主体的に解決する気持ちが

なければ、それが一番の夫婦問題なのです

関連記事

浮気している夫にあわてて二人のルールを作ろうとしない、敵は我にあり

読者登録お待ちしています
メルマガ発行中
(PCでブログを閲覧した時に右上にから登録できます)
『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』
10月28日3時発行「男のメンタルが弱いわけ」4
(このメルマガは特に読んでおいてください)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら