弱くて情けない夫とブス女の実態を捉えれば弱る自分はいない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者は夫とブス女の
関係が自分にとっては、大きな大きなストレスの原因であるわけです
その関係がどう映っているのかといえば

『あの人があんなに入れ込むのだから、きっと相手の女もいい女に違いない』
『あれだけ相性がいいのであれば、私が引き離すのは無理かも』
『これだけ一緒にいたいと思っているのであれば、私はあきらめるしかないかも』

と、どこかで自分を卑下してこの二人を遠い存在にしている心理が働いているのです
その中では、自分があきらめる方が傷つかなくても済むのかもという意識が出てきて
何もできないというあきらめが出てきます

しかし、それは大きな大きな勘違いです
何を勘違いしているのかといえば、不倫という悪事で作る関係を何を美化しているのか
という事です
はたから見れば

『何で奥さんが弱ってしまうの』
『こんなのを許してはいけない』
『ご主人も本当にバカ、大事な家族をほったらかして』
『相手の女も本当に図々しい、絶対に許してはいけない』

という声が上がるわけです
つまり被害者である妻には何も非はなく、悪いのはこのバカ二人というのが世の中です
それを相談者である妻一人で考えると、

‘悪いのは二人の邪魔をしている自分‘

という、世の中の真逆の思考に陥るのです
そこから生まれるのは、このバカ二人のアホさを助長する行動だけです
それでいいはずがないのです
言い換えると、世の中の一つの悪事を一番知っている人間が見て見ぬふりをして放置
するという事です

自分は今までそういう生き方をしてきたのかという事です
誰かの悪事を知りそれをとがめたり注意したり、やめさせなければ心に引っかかって
きた自分がいるはずです
それを自分の夫と、ブス女のアホさに負けてふたをしようとしていないか

現実的には、本当にアホな夫と想像をはるかに超えるブス女のブスッぷりを見れば
自分がいかにとんでもない美化をしていたのかが分かります

『こんなに夫がアホとは思いませんでした』
『ブス女をブス女と書いている意味がよくわかりました』

という言葉が出てくるのです
そこから、しっかりと自分が世の中の見立てと同じようにこのバカ二人を見ている
自分を作るのです

結託しているバカな二人に負けない、一人一人は本当に弱くて情けない男と女という
実態を知れば自分の妄想の美化も止まるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら