‘愛され妻=言いなり妻‘に気付くのは自分の弱さを払しょくした時

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の心境は常に
自分の責任や非を追い求めると共に、夫が正常に戻ってくれる事を懇願している
わけです

『私にできる事は何でもやる』
『どうしたら夫が不倫をやめてくれるのか』
『私が何かする事で夫が戻ってくれるなら教えてほしい』

という気持ちからとにかくネットーサフィンを繰り返します
その中で相談者が目につくのが

‘愛され妻‘

とか

‘良妻賢母‘

などを提唱する内容です
なぜかといえば、悪いのは夫やブス女ではなく相談者である妻という前提で書いて
いるからです

『あなたがご主人にもっと優しくしなければいけない』
『ご主人は妻の愛情を求めている』
『あなたは不倫相手の女の事を考えてはいけない』
『とにかく夫が戻ってくる事をひたすら願って待つ事』

などの内容に、相談者も

『これ以上嫌われたくないからもっと優しくするしかない』

と、自分が悪いという前提でやってしまうのです
その結果、多くのケースが

『ますます夫の態度が悪くなってしまいました』
『やめるどころかどんどん不倫が加速しています』
『馬鹿らしくて3日でやめてしまいました』

というものです
仮にその状況をそういう愛され妻カウンセラーに聞くと

『まだあなたの愛情が足りないのよ』

と、あくまでも相談者の努力が足りない事を重ねて言います

そういうやり取りを経て私のところに来る相談者は非常に多いわけです
そもそも愛され妻とうネーミングからして胡散臭いわけです
不倫など起こっていない夫婦からすると

『何それ、愛され妻?気色悪い』
『愛され妻ってなんか変な愛情を求めている妻じゃない?』
『愛され妻っておかしい精神論だよね』

というイメージを持つはずです
そこには、自分を追い込んでしまっている弱さに付け込む非常にまゆつば物の宗教的
なにおいを感じます
なぜなら、夫の不倫に何もただす事をしないで家でただ待つ事を言っている
私からすれば

‘愛され妻=言いなり妻‘

でしかありません
そこに気付くのは、相談者が状況がひどくなったりおかしいと思った後です
それでは意味がないのです
とにかく夫の不倫を冷静に見れば、

‘いつ、どこで、だれが、どのように、何をした‘

を捉えると、自分は何一つ悪い事なんてしていないのです
その当事者は夫とブス女です

その悪事に何も手を入れないで、ただ妻はその悪人に優しくしなさいという愛され妻
なんて言っているカウンセラーは本当に罪深いのです
そういうわけのわからない事に頭が行ってしまう相談者の弱さに問題があるのです

それを私はカウンセリングの中で、物事を客観的に見て強さを身に付けてもらうのです
悪い事をしている事を知っていて、それを見て見ぬふりをしていた自分の弱さを絶対に
変える事を一緒にがんばってもらうと、必ず笑顔が戻ってくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら