本能を必死で隠し美化する夫とブス女の哀れさを見抜くのが私の相談者

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、そもそも夫の不倫とは
何が原因で起こるのか
相談者も頭の中で想像するのは

『それは夫も好奇心ではまったのだと思います』
『夫も私とレスでしたから、我慢できなかった部分もあるのだと思います』
『外でもてたいという浮ついた気持ちがあったはずです』
『夫も結局はそういう女との遊びを楽しみたかったのだと思います』

と、夫が家庭や自分だけでは満足いっていなかったのだろうというイメージです
真実はどうかと言えば、その通りなのです
つまり、夫の不倫は周りの迷惑を顧みみず欲求を満たしたかった、我慢ができなかった
という事に他ならないのです

それを何だか美化したり、ごまかして不倫を正当化している夫がいるのです

『俺を一番よくわかってくれる女がいる』
『俺は彼女を尊敬している』
『お前が俺の事を大事にしなかったからだ』

という言葉の本質は、

‘本能をむき出しにしている羞恥心‘

を隠したいという一心です
そのみっともない夫をみっともないと言っていない相談者にも問題があるのです
そもそも、夫の不倫をはたから見れば

『ばかじゃないの、奥さんや子供さんがかわいそう』
『結局やりたかっただけじゃん』
『そんな事をして周りから白い目でみられるだけ』

と、それこそ社会人としての認識の甘さを指摘します
そこに妻が一番非難するべき義務も権利もあるのです

しかし、多くの場合は私が悪かったという新興宗教の信者のような服従をしている
ケースが非常に多いのです
そのいびつな夫婦をどう変えるのか

それは

‘本能から目をそらさない‘

という事です
夫は夫の前に男です
その夫と言うより性別で言う男として見る事で本能を連想するのです

『夫も男を出しただけ』
『不倫は男と女の本能でしかない』

という単純な考えで臨むのです
そこに夫とか妻という、結婚後の呼称や思考をいったん置いておくのです
そういう思考で夫を見ていくと、

『この男も結局は自分のしている事が盛りの付いた中高生と変わらないんだ』

位に感じてきます
そして共犯者のブス女も

『同じ女として本当に醜い、女を捨てているバカな女』

と見えてくるのです
そういう本能を基準に据えて捉えたバカ二人にすると、自分が妻という立場だけで
考えてはいけないとわかるのです
本能を抑えるのに我慢が足りずに、サルのようになっているバカ二人という見立て
をすれば、自分が社会に身を置く一人として低レベルな人間を見ている事を知る

私の相談者は

『本当に情けない男です、ガキと一緒です』
『ブス女はモテない自分を既婚者で埋め合わせているみじめな女です』

という、自分とバカ二人の実力差を感じた発言をするのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら