地獄の果てまで見届ける覚悟を持つからこそ夫婦の意味がある

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの相談者の境遇は
誰もが孤独な状態です
そこにあるのは、それまで頼りにしていた夫の不倫で自分にも自信がなくなっている
わけです

『お前にはもう関心がない、早く別れてくれ』
『俺の事をいちいちかまうな、うっとうしい』
『俺が何をしようと勝手だろう、お前はお前で好きに生きろ』

と、とにかく夫婦の関係を解消する事しか頭にないような言動を出す夫に対して、

『あなたいきなりどうしたの、何があったの』
『そんな事を急に言うなんておかしい、私の悪いところを言って直すから』
『今のあなたは本当のあなたじゃない、しっかりして』

と、自分の思っているというか知っている夫ではないという思いです
そう考えるのは当然と言えば当然です
それまで普通に暮らしてきたところに、いきなり夫婦をやめるという夫に慌てない
妻はいません

しかし、その状況で考えなければいけない事があります
それは何か

‘おかしい夫も現実の夫‘

という事です

つまりおかしくなっている夫をあり得ないとだけ考えていても、それが現実の夫と
認識する自分が必要という事です
もちろん言っている事はめちゃくちゃですから、それを受け入れるべきだと言って
いるわけではありません

そのめちゃくちゃな事を言う夫も夫の現実という事です
自分にとって夫がいつでも人生のすすむべき指針になるわけではないのです
時にはおかしくなる事だって人間ならあるわけです

事故や病気になるかもしれないですし、仕事のストレスやリストラでおかしくなる
かもしれません
今目にしている夫がおかしいのは何が原因なのか、という思考に切り替える自分が
必要なのです

おかしい夫を自分の常識から外す事が一番問題なのです
おかしい夫も夫の現実です
その現実を自分の中で受け入れてこそ、その原因に向かう自分がいるのです

そういう意味では、おかしい事をしているのに態度にも出さない方が不気味ですし
わからないようにしている夫の方が受け入れがたいのです
おかしい事をしている時におかしいとわかる夫を

私にはこの人の事をわかっているから異変に気付くのも当然』

という思考に変えるのです

そこに自分が妻というポジションにいる意味があるのです
おかしい夫をあり得ない夫にしない自分が、人生をかけて結婚しているという自負が
ある自分なのです

夫婦というのは、地獄の果てまで一緒に行く位の覚悟を持つという関係です
それを持っている自分だからこそ、現実から逃げない事を選ぶのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら