夫の不倫を【納得を追い続けるのが人生】と気付くきっかけにする

自分が納得する行動

公開日 2018年7月6日 最終更新日 2021年5月5日

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者に何をお話し
する事が一番大事な事なのか

 

木村泰之が考えている事は人生を納得する事

 

 

それを常に考えているわけですが、私が寝ても覚めても考えている事は

 

‘人生を納得する事‘

 

です

 

そもそも相談者の直面している夫の不倫は、いうなれば

 

‘もらい事故‘

 

です

 

相談者自身がいくら気を付けていても、防ぎきれない事です

 

なぜなら、夫が家の外でブス女と密会しているわけです

 

しかも確信犯的にです

 

それを防げるわけがない

 

相談者が受けている理不尽を客観的に話す事で気付きがある

 

 

しかも、なぜか自分を責めてしまっているのです

 

そんなバカな事はないのです

 

そういう理不尽が重なっている状況に、そのまま自分の納得もないまま人生を
過ごしていいはずがないのです

 

  • 『こんなバカな事をされていて、夫にすがって納得なんてありますか』
  • 『夫が自分を大事にしてくれるなんて思ったら大間違いですよ』
  • 『陰に隠れるブス女が巧妙に夫をコントロールしているのですよ』

 

と、そもそも相談者の受けている理不尽を客観的にお話しします

 

夫の不倫に怒りのモードになるのが普通

 

 

それを聞いた相談者も、麻痺していた頭が徐々にクリアになって

 

  • 『そうですよね、私は悪くないですよね』
  • 『夫が悪いという思いはありましたけど、どうしても自分に自信がなくて』
  • 『相手の女の人は関係ないと思い込んでいました』

 

と、その理不尽を夫とブス女に押し付けられている自分に気が付きます

 

そこから、しっかり自分がどういう立場にいて何をすべきなのかという事を正確に
理解してもらうのです

 

  • 『私がこんなところで弱っている場合ではなかった』
  • 『夫とブス女にだまされていた、本当に腹立たしい』
  • 『こんな事で負けていては絶対に後悔する』

 

という、怒りのモードを止められなくなる状態になるのが普通とわかるのです

 

その怒りを行動に移す事が納得とわかるのです

 

夫の不倫に限らず人生には納得が必要という事

 

 

人生でこれだけの怒りは経験した事がないという思いとともに、その怒りを鎮める
には、自分が納得する事をする以外ないと知るのです

 

私が納得を追い続けるのが人生と言い続けるのは、相談者がこの不倫だけではなく
これからも自分で自分の人生を決めてもらいたいからです

 

夫に過剰に預けていた人生は、いわば自分の納得を自分で放棄していた自分です

 

そこから不倫という苦しみを、離婚するかどうか別にして夫いらずで物事を決める
きっかけにした自分の強さを知るのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら