木村泰之の使命は〔不倫をやめさせる〕のではなく【相談者を強く丈夫に】

木村泰之の使命

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には何を伝えるか
というポイントがズレると、いい方向に行かなければいけないアドバイスが全く真逆に
なる可能性があるわけです

 

カウンセリングで大事な事は誰のために行っているのか

 

 

そのポイントというのは言い換えると

 

`誰のために言っているのか`

 

という事です

 

相談者の思っているというか、考えているカウンセリングは

 

  • 『夫婦を修復するためのアドバイスをもらいたい』
  • 『夫が不倫をやめてくれる事を教えて欲しい』
  • 『夫婦をどうすべきかわからない』
  • 『離婚は避けたい、どうすればいいのか』

 

という心理です

 

しかし,それらの質問というか希望へのアドバイスは意味がないのです

 

なぜなら、それらには夫をどうにかしたいが入っているからです

 

つまり、相談者でない夫をどうにかする事を相談者とカウンセラーで話をしていても
全く見当違いなのです

 

木村泰之が対峙するのは夫ではなく相談者の人生

 

 

木村泰之が対峙するのは相談者の人生です

 

夫の人生ではないのです

 

そう書くと

 

  • 『でも夫が心配です』
  • 『夫は放置してもいいのでしょうか』
  • 『夫の事はどうすればいいでしょうか』

 

という言葉が出てきます

 

しかし、それをカウンセリングを受ける前までさんざん考えて何も変わらなかった
わけです

 

相談者に必要なのは自分の優先順位を上げる事で夫は憎むべき対象

 

 

相談者に必要なのは

 

‘自分の優先順位を上げる事‘

 

に尽きるのです

 

夫は不倫をしているうちは、心配する対象ではなく憎むべき対象です

 

つまり、犯罪をしている男に対して情をかけているわけです

 

そんなバカな話はありません

 

それを矯正するのがカウンセリングでもありますが、それにはアドバイスの対象が
ブレてはいけないのです

 

相談者が強く丈夫になるための言葉や行動をアドバイスする

 

決して夫や夫婦をどうにかするアドバイスをしても、それは夫の動きで全然意味の
無いものになるのです

 

それを相談者にも理解してもらう必要があるのです

 

木村泰之のカウンセリングの目的は相談者を強く丈夫にする事

 

 

カウンセリングの目的は何か

 

それをしっかりと共有しなければ、相談者はすぐに夫の動きに頭を奪われてしまう
事を人生でずっと繰り返します

 

それをやめたくてカウンセリングに来ているはずなのです

 

それを含めて相談者を強く丈夫にする事を使命にするのです

 

そのためなら相談者に厳しい事も言えば、辛い事も逃げないでぶつかるアドバイス
をするのです

 

夫に頼っても意味がない、頼るのは自分という人生を切り開いてこそ夫婦なのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら