不倫ブス女の言いなりの実態を知れば夫に期待する自分の過ちに気付く

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって夫は
何をしても状況が変わらないというか、どんどんひどくなるというジレンマに陥って
います

最初は落ち込んでいる状態から、徐々に時間が経過すると相談者も冷静になってきて

『夫には不倫の事実を知っている事を伝えよう』

という思いが出てくるケースもあります
それを決意して夫に言うと

『そんな事はお前の妄想だ』

というようなシラを切るか

『俺を疑うのか、もう信用できないなら離婚だ』

と逆ギレするか

『・・・、本当に悪かったついつい相談に乗って深みにはまって』

と、素直に認めるかのどれかのパターンになるのです

しかし、そのいずれのパターンでも不倫が終わる事はないのです
最初のシラを切る、逆ギレは想像つくにしても、認めるパターンでも結局夫はブス女に
別れを切り出せないか、言ったとしてもブス女にズルズルと付き合って逆に切れたフリ
を妻にするかという事になるのです

それが一番ダメージが大きいわけで、相談者である妻は2回嘘を疲れた事になるのです
しかも、仮に切れていない事を再度詰めると

『そもそも俺たち夫婦は関係は終わっていた』
『俺に優しくなかっただろう』

と、ゾンビのように息を吹き返して攻撃的になるのです
それもこれもブス女に

『奥さんにちょっと言われた位で別れるの、それでいいの』
『わかった、別れてあげるけどあなたも離婚して』

と、脅されたり

『絶対に別れたくいない、別れるなら死んでやる』

と、すがられたりしているからです
その夫とブス女の関係を知っていれば、夫が素直に認めてもブス女が許さないだろうと
想像がつきますが、相談者は

‘夫がやめてくれさえすればいい‘

と思っているのです
つまり、夫の方がブス女よりも強い立場にいると大きな大きな勘違いをしているのです
そこに全ての読みが外れる元があるのです
その相談者の

‘夫の方が主導権を握っている‘

という思い込みをカウンセリングで矯正するのです
夫がブス女に強く言えるわけがないのです
それほどブス女が上手なのです

夫はそれ位きっちりとできると思っている自分がそもそも間違っているのです
夫の実力や情けない姿を見ていない証拠です

正直ブス女と対決した相談者は、一人残らず

『本当にふてぶてしい女でした』
『こんな女ならうちの夫なんて赤子の手をひねるようなものです』

と、自分が見誤っていた事を言葉にします
そこにたどり付かなければ、何もわからず騙されるだけだったという事を改めて知る
のです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら