修復できるか離婚にならないかの答えは周りにない自分の心にある

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が私に聞く
質問でよくあるのがいくつかあります
その一つに

『私のケースでは修復できますか』
『私は離婚にならないですか』
『私は離婚はしたくないんです』

という事です

そう聞く気持ちはよくわかります
むしろ、何か保険が欲しい気持ちになっているのですから当然と言えば当然です
しかしよく考えると、その相談者が言う修復とか離婚は妄想だったり、強制される
事ではないわけです

つまり修復というのは、ネット等で

‘離婚か修復か‘

という選択の一つとして頭にある言葉です
私も便宜上は使いますが、正直誰もその修復という実体を知らないわけです
毎日ラブラブで過ごす事や、普通に話せる関係に戻る事や、別居でもお金を入れて
くれればいい事など、人によって定義が全然違うのです

そういうシロモノを、確固たるものとしてよくわかっているように話す相談者の方
が殆ど、いや全員そうなのです
つまり、修復という何だかよく自分でもわかっていない事を求めているのです

また、離婚に関しても有責配偶者の夫に離婚の権利はない事は多くの方がわかって
います
という事は、離婚を強要される事はないのです

にもかかわらず、離婚されないのかという不安を持っている
本来であれば、不倫されて自分の方からがっぽり慰謝料を取って離婚するというのが
相談者の立場です

それがそうならないのは、自分の中で夫がいなければ生活が立ち行かないという恐怖
が真っ先にあるからです
そうであれば夫には離婚する権利がないのですから、自分が自立するまで婚姻を続け
その後に捨てる位の気概を持つのです

このように修復とか離婚の質問が非常に曖昧な事を聞いていたり、自分が聞く事では
なく決める権利を持っている事という事実に気が付いてもらう必要があるのです
私は相談者に

『修復も離婚もあなたの中で答えが出せる質問ですよ』

という事を言います
それを聞いて相談者も

『そうですよね、私が決めればいい事ですよね』

と、冷静さを取り戻して答えます
それ位、相談者が自分が主体的に判断できる立場という事を理解してもらうのです
そこから夫とブス女のアホさにも負けるはずがないという強さが生まれてくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら