不倫夫は犯罪を償ってから初めて自分の夫として認める意識を持つ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の相談者が何か
強いストレスを感じる時には、必ず夫の言葉があります

『こんなマズイ飯を食わせやがって』
『何だ俺に文句があるのか』
『こんな事ばかりやっているから俺に怒られるんだよ』

という、叱られるという場面です
そこからは自分を否定されていたり、受けから見下されているケースです
その夫の言葉や態度から

『夫が何か喋ってくるのが怖くて怖くて』
『夫が声をかけてくると心臓がバクバクしてしまいます』
『夫がいない時がいつもホッとします』

と、まるで鬼上司にびくびくしている部下のような心境です
その関係を続けていて夫婦と呼べるはずがないのです
そこから自分がしなければいけない事は、夫を避けたりビビる事ではなく

‘夫の見方を変える‘

事です
夫の言動にすとレスを感じているという事は、まさしく夫が意図的にストレスを
自分に与えているのです
相談者である妻が

『夫は不倫なんてする人ではない』
『私の知る夫はもっとちゃんとしている人』
『夫は一時的におかしくなっているだけ』
『夫は私を守ってくれるはず』

という前提で見ているから、自分にストレスを与えるなんて思っていないのです
しかし、現実的には自分に対して攻撃的でかつ悪質な夫が目の前にいるのです
その頭の中にある

‘常識的な夫‘

と現実の

‘いかれている夫‘

のギャップを埋めるのです
それを埋めるのは自分の頭の中の夫を捨てて、現実の夫に合わせなければいけない
自分の夫が自分の敵になっている現実を受けとめなければいけないのです

カウンセリングでは、

『あなたが刑事で夫とブス女が犯人ですよ』
『不倫は夫の一時の気の迷いとか病気ではなく犯罪ですよ』

と、誰が見ても夫が妻の敵になっているのが世の中の常識という事をお話しします
それを聞いて相談者も

そうですよね、夫をビビッていては刑事は務まらないですよね』
『夫を自分が都合よく見ているから辛いんですよね』
『夫の見方を変えなければ絶対にダメだと思います』

という言葉が出てきます
相談者が一番変えなければいけないのは決して夫ではないのです
自分自身の置かれた状況を元に、自分の思考を変えなければいけない

夫の不倫が起こっても、夫を夫とだけ見ている自分から夫の前に一人の男の犯罪と
いう見立てをする自分に変えるのです
犯罪を償ってから初めて自分の夫と呼べるという意識を持つのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら