夫への依存期待を適正値にしつつ不倫は絶対に許さないという姿勢

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫にはどうしても
多くの事に依存していたり、期待している自分がいます
その依存や期待をすること自体は決して悪い事でもおかしな事でもないのです

しかし、それが度を過ぎるという事が問題なのです
しかもその程度を超えているという事がなかなか認識できないわけです
なぜ認識できないのかと言えば、

‘適正値がわからない‘

からです
しかし、夫とばかりの生活で適正値を作るのは難しいわけで

『夫がいいと言ってくれたからそれでいい』
『夫がうんと言ってくれているから大丈夫』
『夫に前もOKもらっているから今回もOK』
『前からこれでやっているから変える事はない』
『夫にお願いすればやってくれる』

と、一回のウンと言わせた事がその後いつまでもウンというルールになっている
のです
しかし、夫の方はその妻のルールをいつまでも適用しているわけではないのです

『いちいち断るとうるさいからウンと言っている』

というケースが多いのです

それを夫がOKしてくれているという思いが、過剰な依存や期待を生むもとになって
いるのです
そこに夫が妻の知らない所でブス女と接触して不倫に発展すると、何だか妻以外の
味形ができたと勘違いして、妻の態度が鼻について爆発するのです

そこに妻が

『いきなりどうしたの、いつものあなたじゃない』

と慌てふためくのです
このように、夫は潜在的には妻に寄りかかられていると感じていても不倫とは無縁
の時にはそれほど負担に思っていません

しかし、いざブス女が出てくると、

『何でおれがいつも言いう事を聞かなければいけないんだよ』

と、ブス女に妻の過剰な依存を吹聴されて暴言を吐くようになるのです
そういう状況に妻としては夫に

『私が悪かった、ごめんなさい』

と自分の依存をただただ謝るだけになってしまうのです
そうならないために、カウンセリングで相談者である妻が自分でできる事は自分で
やる意識を持ってもらいつつ、夫の不倫には毅然と戦う両方をお話しします

夫への依存や期待が大きすぎる事と、不倫を許さないという事は全く別問題です
それを切り分けてお話しする事で、相談者が不倫された原因は自分が甘えいていた
から、自分が至らなかったからという短絡的な思考にならないようにするのです

夫への依存や期待を適正値にしつつ、不倫には妻として絶対に許さないという姿勢
を貫くのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら