元々形のない夫婦に修復という言葉を使う強迫観念からの脱却

強迫観念からの脱却

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとってみると
突然起こった夫の不倫に、何をどうしたいと聞かれて当てはまる言葉なんて出てくる
事はありません

とにかく元に戻したいという事だけが頭にあります
その気持ちでネットサーフィンをしていると、必ずと言っていいほど

`修復`

という2文字に行き当たるのです

『壊れてしまった夫婦を修復したいあなたへ』
『夫の不倫にこの方法で夫婦は修復できる』
『修復したいあなたへ、これを読めばきっと実現する』

というようなキャッチコピーで始まる文書に頭が行くのです

しかし、その修復という言葉には大きな落とし穴があります
その落とし穴というのは、修復という人工的かつ物理的なイメージを夫婦という
感情に用いているという事です

私も便宜上は修復という言葉に使います

しかし、その何かモノが壊れた時の修復のように夫婦という無形のものに無理に
当てはめているのです
その大元は私は司法関係者にあると考えています

訴訟や陳述にはどうしても離婚という文言が出てきます
しかしその対義語でいい言葉がなく、なんとなくモノが元に戻るような感覚で
修復という言葉が出てきている

私の相談者の内容証明や陳述書には

『被告の非常識な行動によって原告夫婦はもはや修復不可能な状態に陥ったのは
明白である』

というように、離婚の対義語として使っているのをよく見ます

しかし、夫婦は夫と自分の人間関係です
簡単に言えば人生の中で仲直りやケンカを繰り返しているわけです
確かに夫の不倫はケンカの域を超えているわけです

いやケンカとは異質の問題ですが、それも夫と自分の関係をどうするかであって
決してモノを直すというような感覚ではない
そこに無理くり修復という言葉で離婚の対義語として用いているのです

そもそも夫婦はモノではないので、修復もくそもないのです
そこに

『夫婦を何とか修復したい』

という固定観念を持ってしまっている、いや持たされているのです
夫婦に修復という概念は捨て、いくらでも形を変えるから元の形なんて存在しない
元の形がないから修復なんてあり得ないのです
そこに気付いてもらう事が大事なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら