不倫の悩みの正体は夫ではなく世間からズレている自分の思考

世間からズレている自分に喝

公開日 2018年9月23日 最終更新日 2021年2月14日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、そもそも相談者の悩む
夫の不倫ですが、この悩みの正体は何か
それを知らないままで悩んでいるというか、感覚的な事で悩んでいる方が殆どです

『不倫が発覚してそこから夫の事を考えると苦しくて苦しくて』
『急に夫が冷たくなって調べたら女がいました、夫には離婚を切り出されて辛い
日々を送っています』
『私が家事が上手じゃないと言われ、それを理由に好き勝手に不倫をされて悩んで
います』

というように、自分が悩んでいる事だけはよくわかっていますが、その悩みの大元
はあいまいだったり、理不尽な事だという認識が薄いのです
それをはっきりと突き詰めるのがカウンセリングです

そもそも夫の不倫に対して持つ悩みは、

‘夫をどうにかしたい‘

という対象になりがちです
しかし、夫は自分ではない人間ですからその行動をコントロールできるわけでは
ないのです
その行動の一つである不倫に悩むというのは、そもそもおかしな話しです

むしろ

『こいつバカじゃないの、人間としてサイテー』

という思いを持つのが自然です
しかし、夫婦という枠組みがその軽蔑すべき思考を邪魔しているのです

『あなたはこんな人ではない、私はあなたの事を良くわかっている』
『私が悪かったのなら謝るから戻ってきて』

という言葉や思考が出てくるのです
しかし、そんなバカな話はないのです
私が相談者によくお話しするのは

‘夫婦と人としての別の見方を持つ‘

という事です

夫は夫ですがその前にはアカの他人だったのです
その他人が起こしている不倫を忌み嫌うのは人として当然です
しかし、それを夫という後付けの肩書というか存在になっている事だけで、どこかに
置き忘れてすがっている事をに気付くのです

つまり相談者の悩みのポイントは

‘夫婦と社会の区別をつけていない事‘

です
夫だから不倫を許さなければという自分に気が付かないのです
夫だろうが他人だろうが不倫という実態を知れば、許していい発想はないのです
それを夫という事だけで許してしまっている自分に悩むべきなのです

悩みの対象は決して夫ではなく、思考を整理できていない自分自身なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら