夫を世間のゲス男とは違う特別の存在にしている危ない自分に喝

夫に甘い自分に喝

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の感覚からすると
夫の不倫はあり得ないという思いです
もちろん当然の事です

不倫はテレビやネットのニュースの世界の事で、言うなれば

‘対岸の火事‘

の話です

その他人事の話がある日突然、自分に降りかかってくるわけです
その状況では現実なのか嘘なのかもわからなくなる感覚ですから、誰かと話す心境に
なるわけもなく孤独の生活が続くのです

その中でネットサーフィンが日課となってとにかく自分が楽になる事や、傷つかない
ようにする事を探し始めます
そうなると、かつてテレビやネットで見ていた不倫ニュースと自分の夫の不倫は別物
になっています

ニュースで見る不倫は

『本当にこの男くずだわ、死んでほしい』
『何でこんな事するの、奥さんや子供がかわいそう』
『記者会見で謝るくらいなら不倫するな』

と、その男を非難する自分がいます
しかし、いざ自分の夫の不倫では

『私がもっと夫に優しくしてあげなければいけなかった』
『夫は私の事を嫌いになったんだ、バカな私』
『離婚になってしまうかも、もっと夫を大事にしなければ』

と、夫を非難する自分なんてどこにもありません
他人の夫は非難しかありませんが、自分の夫は責めるどころか自分を責めるのです
これを日本全国、いや全世界の不倫された妻がやるのです

しかも、夫ではなく自分が悪いと信じて疑わない
なぜこうなるのかと言えば、

‘夫への信仰心‘

でしかない
それは愛情とか気持ちというよりも、生活を守ってもらっている教祖の存在にして
いるからです
他人の夫は生活を守ってくれているわけではないので、

『サイテーな男』

とこき下ろします

しかし、夫は自分の生活を支えてくれているという事で下手すれば自分を悪者にし
不倫は許すから戻ってほしいというアホな頭になっているのです
この全世界の夫への過剰な信仰心を持っている妻に、カウンセリングで喝を入れる
のです

『あなたの夫も世間のゲス男と何ら変わらないダメなオッサンです』

と、あがめている夫を世の中の不倫しているアホな男と一緒にしなければいけない
事を説明します
自分の夫を特別な存在にしている相談者が、世の中から見たら

『この人危ない奥さん』

と見られている事をとくとくと説明するのです
その中で、夫もおかしいけど自分も世の中から見ればおかしいという事に気付いた
相談者が、かつてニュースで見た不倫男と同じように自分の夫を非難するようになる
のです

『私はようやく世の中の一員になっている』

と実感するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら