〔不倫脳夫の事〕を考えているのと【夫婦の事】を考えているのは全く別物

不倫夫と夫婦は別もの

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫婦について日々考える
時間というのは、皆さんかなり使っているという意識があります

 

気が付くと夫は今何を考えているのかと思っています

 

 

  • 『気が付くと夫は今何を考えているのかと思っています』
  • 『夫が今どうしているのか、どこにいるのかばかり考えています』
  • 『夫は今日はどんな事を言うのかいつもびくびくしてしまいます』
  • 『夫の事を気にしたくないのですが、いつも考えてしまいます』
  • 『夫はどうしたいのかわからなくて、いつもそればかり気にします』

 

という事です

 

その言葉をよく聞いていると、一見夫婦について考えているというイメージですが実は
夫について考えているのです

 

その

 

‘夫婦と夫の違い‘

 

というのは、一目瞭然です

 

夫婦に悩むという事であれば自分の考えが入っている

 

 

何が違うかと言えば、その考える対象に妻である自分が入っているかどうかです

 

夫婦に悩むという事であれば、自分の考えが入っているのが当然です

 

しかし、多くの相談者の頭には夫の事ばかりになっているのです

 

  • 『夫婦は対等の関係です、夫の言いなりになっていませんか』
  • 『夫婦という事であれば、もっと自分の考えがないといけない』
  • 『夫の顔色ばかりを窺っている自分をやめるのですよ、夫婦はそんな関係でいい
    わけが
    ないですよ』

 

 

という事を言います

 

私が考えていたのは夫婦ではなく夫の事でした

 

 

すると相談者も

 

『私が考えていたのは夫婦ではなく夫の事でした』

 

という違いに気付きます

 

その中で自分がいつの間にか夫の下にいる構図のまま、夫婦を続けていた事を変える
必要があるのです

 

そもそも夫は何を考えているのかではなく、不穏な動きの夫に対して自分はどういう
思いがあるのかという事です

 

おかしな事をしている夫に妻である自分がどう思っているのか

 

 

『おかしな事をしている夫に妻である自分がどう思っているのか』

 

と、自問自答するのです

 

そのヒントは夫婦になる前の自分です

 

独身の頃であれば恋人の浮気をどう思ったのかと言えば、絶対に許さないもしくは
別れるという自分がいたはずです

 

要は自分の思いが頭の中心だったはずです

 

それが夫婦になったら、夫の事を中心に考えていていいはずがないのです

 

夫の事を考えるのは自分の考えをはっきりさせてからでいい

 

 

自分はこの状況でどういう思いがあるのか

 

それをしっかりと考えるのです

 

それこそ、夫婦を考えるという事につながるわけです

 

夫の事を考えるのは、自分の考えをはっきりさせてからでいいのです

 

その中でしっかりと行動が出るのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら