権利の主張の前に社会の義務を果たす事を夫にブス女に自分に課す

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、何をするにしても
自分のすべき事は何かを考えなければいけないわけです
人生の中で、順番を付けるとすれば

‘しなければいけない事、した方がいい事、自分がしたい事‘

です
要は義務が先に来るのです
自分がしたい事と言うのは義務を果たして、世の中のためになった後で余力が
あればするという順番です
それは小さい頃から、学校でも自然と身に付けている事です

『周りに迷惑をかけてはいけません』
『宿題をやらなければいけません』
『掃除をしなければいけません』
『勝手に自由に動いてはいけません』

という事が先に来るのです
つまり、人が社会で生きていく上では

‘権利の主張の前に義務‘

がある事は誰だってわかっています

しかし、夫とブス女はそんな事をお構いなく自分たちの好き勝手に動いている
それだけではなく、そのバカ二人につられて自分もすべき事を忘れてしまっている
のです
その無秩序な大人の行動を、まともな大人が制止できなくていいはずがない

『夫と女の関係を私はどうする事もできない』
『私が諦めればそれで丸く収まるのであれば、そうすべきなのかも』
『夫ではなく自分が悪い事をしているのかも』

と、錯覚を起こしているわけです
そもそも、生きていく上で権利の主張や自分の好き勝手な事だけをできる人間なんて
誰一人いません
それを夫とブス女は妻である相談者が弱る事で、全てを自分たちは何も悪くないと
義務や責任等どこ吹く風で、アホな事をしているのです

その状況で相談者がすべき事は、夫とブス女に負ける事でもなければ容認する事でも
ないわけです
すべきは

‘社会の責任を取らせる事‘

です
ダメなものはダメと言う事には、理屈なんて必要ないのです
なぜなら、ダメなものと言うのは、周りに迷惑をかけている事を指すのです
そのダメなものを、やっている当事者が

『俺たち迷惑なんてかけていない』

と言っているアホさに負けていては、社会が成り立たないのです
誰がどう見ても

『お前らふざけてんじゃない、多くの人を不快な思いにしているだろう』

という事が不倫です

それを一番詰めるべき立場の妻が、一番弱っていては社会の義務を果たしていない
果たしていないのは、夫とブス女だけで十分なのです
その事を自分の中で心に刻む事で妻ではなく世の中の一員を優先する意味を知るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら