不倫は許せないと夫を愛しているを両方受け入れる事を肯定する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての夫は
なんだかんだ言っても愛情を注いできた人間です
その分、不倫という事実は

`可愛さ余って憎さ百倍`

という心境になります

しかし、その憎さ百倍のところを封印したり曖昧にしたり夫にごまかされてしまう事で
どうしても煮え切らないまま悶々としてしまい

『不倫は憎いけどまだ夫の事を愛しています』
『腹も立つけど私も悪いところがあったので』
『どうしても憎み切れないのです』

という心境を語るわけです

その状況からどういう思考の変換をするべきなのか
それは夫の事を愛しているという感情を持ち続ける事です
その愛情という表現の気持ちをそのままにして、不倫という実態は憎むのです

正直、不倫を許せないという気持ちと夫を愛しているという気持ちの二者択一を器用に
できる人はそうそういません
むしろその両者を持ち続けながら、生きているのです

その

`清濁併せ呑む`

という感覚を持つ事が必要です

それは子供が持っている感覚に近いのです
優しくしてくれるパパは好きだけど、不倫するパパは嫌いという思考の柔軟性を持って
いるのです
それを大人である自分の中で取り入れるのです

何でもかんでも一刀両断してしまっても、どこか心に引っかかるという相談者は少なく
ないわけで、そういう曖昧な自分を無理に否定しないのです

むしろ

『人間はいろいろな感情が沸き起こる生き物、それを一々否定しない』

という自分に変えるのです

それ位の思考を持つからこそ、不倫にも

『夫が好きとかどうこうというのは別で、明らかに許せない事』

という気持ちが出てくるのです

不倫を許せないという気持ちと、夫に愛情があるという事を等価交換する意識が心の
邪魔をしている事に気付くのです
それはどちらかを選ぶ事ではなく、両方ともに自分の感情という事だけです

その自分を意識する事で自分自身が楽になるのです
それはこれからの人生の重要な処世術でもあります
自分を否定しないという感覚が非常に大きな力をもたらしてくれるのです

私の相談者が一番晴れ晴れとするのは

『人生で一番私を好きになっているから』

という感覚です
夫ではなく自己肯定を久しくやっていなかった事に気付いた時なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら