不倫脳夫に`お前がダメだから`と責任転嫁されている場合ではない

(本日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては自分の
妻としての足りない部分や甘えていた事を責めるのは多くのケースで出てくる現象です
そのワケは他でもない、不倫当事者の夫の言い訳や逆ギレなどの言葉が出るからです

『俺がどれだけ苦しかったのかお前にはわからない』
『俺がどんな思いでお前の態度に耐えていたのか知らないだろう』
『お前は俺の事なんてどうでもいいだろう』
『早く別れてくれ、それしかお前には言う事はない』
『何度でも言う、俺はお前とはやっていけない』

という言葉が相談者に突き刺さるからです

しかし、相談者が聞いている夫の言葉はどういう目的で言っているのかがポイントです
夫が発する言葉の目的は決して

`妻に反省を促す事`

ではないのです

何が目的かと言えば

`夫婦に距離を作る事`

でしかないのです

つまり、夫に妻の今までの態度や行動を改めさせる意識があれば言い方は変わってくる
しかし、とにかくただただ辛辣な言葉を並べているだけです
しかも突然脈絡もなく、

『俺は前から思っていた』

という簡単なというか稚拙な言葉に右往左往してはいけないのです

その夫の言葉は今まで見てきている夫とは全く異なるわけで、その違和感を探る事が先決
なのです
そこには、夫にとってはダメな妻というレッテルを自ら貼っている自分をやめる事が絶対
に必要です

夫が言っている事の多くが支離滅裂な内容で、理屈も理論も現実性もない
その言葉を発する夫はどこかで自分を崩していると見るべきです
いつも近くにいて長く見ている妻の自分が一番

『この人おかしい』

という感覚があるのですから、自分以上に夫を知っている人はいないという自負を持つの
です
夫が言っている言葉自体ではなく、その発する状況が明らかにトンチンカンだという事に
注視するのです

そういう自分の五感を鍛えてもらうのがカウンセリングです
相談者が言う夫の異変を、自分のせいにされている場合ではないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら