不倫は夫婦を自分の考えで進めて夫をついて来させる関係と知る転機

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の中では夫婦という関係
をどう捉えるべきかを考えるわけですが、結局は自分の夫婦しかわからないわけです
その中で他の夫婦がどういう状況なのかは、推し量るしかないわけです

『夫婦はお互いにいつでも理解し合わなければいけない関係』
『相手を尊敬しあってこそ保てるのが夫婦』
『自分も相手も完全じゃないから、片目をつぶって見るのがちょうどいい』

というような関係と思っている方もいます

しかし、正直夫婦なんて毎日顔を合わせていても昨日と今日でガラリと変わる事は当然の
ように起こります
その中で夫婦をどう考えるのか

‘夫婦は自分で考えればいい関係‘

にするのです

夫婦は物理的には自分と夫の二人で構成されていますが、お互いの意見を合わせて決める
事なんてそれほど多くはありません
どちらかが決めた事を、もう片方がウンと従うという繰り返しです
要は一つ一つの事を両者が納得する事はそれほどなかったり、関心が高くはないのです

夫婦はお互いに考えている事は全く違うのです
異性でもあれば生まれ育ちも違いますし、日常身を置く場所も違えば会う人も違うのです
その中で、夫が家に帰ってきて束の間の団らんと寝る時間や休日の時間で全てを把握する
事は不可能に近いのです

そう考えたらどちらかが何かを決めて、もう片方がそれに従うというスタイルになるのは
至極当然です
しかし、その中で不倫などの背信行為があれば夫に従うなんてあり得ないわけです

夫の起こしている事が常軌を逸しているのであれば、それを看過してはいけない
それを妻がいろいろと言えば、とがめられる事を嫌がり逆ギレするのは犯罪者の常套手段
ですから、それに合わせていてはいけないのです

夫婦の中である範囲での関係を保つためであれば、相手に合わせる事は必要です
しかし、その範囲を超えいてるどころか社会的に見てもダメな事をしている夫の言いなりに
なったり、その状況を見過ごしている事はあり得ないのです

夫婦という関係はその時その時で、自分の役割や責任が変わるのです
それを形式的に壊したくないというだけで続けていては、自分の首を絞めるだけなのです
夫婦を自分の手で進めるという意味は、夫の不倫という苦しい場面でこそわかる事なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら