夫婦を不倫脳の夫の視線から自分の視線に移すと視界が全て変わる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にお話しする中で
夫について何をするかという事をアドバイスするわけですが、大事なのは誰の視線で
行動するかです

相談者はとかく『夫は私をどう思っているのだろうか』
『夫には私の気持ちが伝わるだろうか』
『夫が考えている事を私は理解できるだろうか』

というように、常に

`夫あっての自分`

です

その思考でいると、木村泰之から求めるアドバイスの視線は夫でしかないのです
しかし、そもそも夫という人物を捉えても自分ではないからわかるわけがないのです
だからこそ、夫は自分と違って裏切り行為ができるのです

相談者である妻を騙してウソをついて逆ギレしてまでも、不倫を続けているのです
その夫が何を考えているかを気にしているうちは、正直余裕があるのです

『夫は私の事をわかってくれるはず』

という余裕がどこかにあるのです

しかし、いよいよそんな事を言っていられなくなると

『夫が憎くてたまらない』

という感情が出てきてもおかしくないのです

その時には夫の心情なんて察している余裕などないのです
いつ自分の気持ちに火が点くか
それは人によって違うわけですが、自分の心の中で夫より自分を優先させなければ自分
が壊れてしまうという感覚が出た時には、躊躇せずに自分の視点から考えるのです

『私がこれをやらなければ納得しない』
『私の気持ちが一番大事、そうでなければ何のための人生かわからない』
『私の考えている事を実現するだけ』

という自分が出てくる時こそ、

`自分あっての自分`

になっているのです

夫を大事にしていないとか、優しくないとか正直そんな事は上っ面の関係です
では不倫している夫は妻をどれだけ愚弄しているのか
そういう感覚になると、自分の視点で考えなければ夫婦がどうのこうののレベルでは
なくなるのです

『夫を頼っていては共倒れになる』
『私がしっかりしなければ何も変わらない』

という自分本位の視点を心から欲するのです

その時初めて

『夫婦に夫は関係ない、居れさえすればいい位の存在』

と、夫を最小化する自分がいるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら